ミランは冨安健洋に再トライ!? CEOがスクデット奪取への“起爆剤”獲得を明言「世界最高のタレントと契約を…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月30日

トナーリら逸材を奪取したミランが次に目指すのは?

今シーズンからコンバートされた本職のセンターバックでも声価を高めている冨安に、ミランが再び獲得に迫るかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

 ミランは日本の逸材を追い続けているのかもしれない。

 現地時間10月28日、ミランの最高責任者(CEO)を務めるイヴァン・ガジディス氏は、株主総会において来年1月の移籍市場においても若手の逸材獲得に乗り出すことを明言した。

 18年10月にアメリカのヘッジファンド『エリオット』に買収されて以来、将来性のある若手を重視する路線へ変更したミランは、昨夏にテオ・エルナンデズとラファエウ・レオン、今夏にサンドロ・トナーリやブラヒム・ディアス、ディオゴ・ダロといった逸材たちを矢継ぎ早に獲得。その補強の成果もあって、今シーズンはセリエAで首位に立っている。

 39歳のズラタン・イブラヒモビッチに依存している感は否めないが、思い切った先行投資にクラブ上層部も確かな手応えを感じているようだ。ガジディスCEOは株主総会の席で、「我々の歩んでいる道のりは長いが、前向きかつ挑戦的に進んでいる」と明言した。

「クラブの背後にはチームを信頼する強力なオーナーシップが存在している。そして何よりも、我々には明確な戦略がある。世界最高のタレントと契約をして、彼らを我々と一緒に成長させていくというものだ。

 夏の移籍市場が閉幕したばかりだが、補強には非常に満足もしている。それでも、すでにパオロ・マルディーニ率いるスポーツマネジメント部門は冬の移籍市場に向けた準備を進めており、次なるタレントの獲得にも自信を持っている」

 ミランと言えば、今夏の移籍市場の終盤に冨安健洋を獲得するためにボローニャにオファーを出したことが、小さくない話題をさらった。ブラジル代表MFルーカス・パケタ(→リヨン)の売却益で獲得を目指したが、2500万ユーロ(約31億2500万円)とも言われている要求額には届かなかった。

 27日、移籍専門記者のファブリツィオ・ロマーノ氏は、『Calciomercato.com』で「ミランは夏と同じ立場を取ると決めた」とし、評価額(1500万ユーロと見られている)が変わらないと報じた。

 この報道通りなら、両クラブが合意に至るのは困難だ。とはいえ、新たなタレントの獲得を明言したガジディスCEOの言葉を聞くに、来る1月にミランが冨安に再びアプローチをかける可能性は十分にありそうだ。セリエAで5戦負けなし(4勝1分け)とロケットスタートを切ったロッソネーリ(ミランの愛称)のスクデット争いも含めて注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ