ファン・ダイクの負傷が影響!? アンチェロッティが自軍選手への退場処分に激怒! 「まるでジョーク」と皮肉も

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月26日

チームの勢いを止めた退場に

ディーニュの退場に怒りを露わにしたのはアンチェロッティだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月25日に行なわれたプレミアリーグ第6節で、敵地でサウサンプトンと対戦したエバートンは0-2で敗戦。開幕4連勝を含む負けなしだったチームは、ついに止められたのである。

 前半に2点を先行されたエバートンは、後半にわずか13分間で3枚の交代カードを使いきる大胆な策を講じて反撃へ転じたが、あることがキッカケで流れを止められてしまう。問題となっているのは71分のシーンだ。サウサンプトンのDFカイル・ウォーカー=ピータスとリュカ・ディーニュが接触すると、後者が一発退場を命じられたのだ。

 数的不利になったエバートンが戦意を喪失したのは、その後の低調なプレーぶりからも明らかだった。それだけにチームに小さくない影響を与えた退場劇には指揮官も黙ってはいなかった。

 試合後、英衛星放送『Sky Sports』のフラッシュインタビューに応じたカルロ・アンチェロッティは、「あの退場はまるでジョークだ。どこがそれに値するのかが私には分からない」と怒りを露わにした。

「暴力的なプレーではなかったし、レフェリーはもっと見極めるべきだった。おそらく、リバプール戦でのピックフォードのタックルとリシャルリソンの退場ばかりが話題になっていたことが、この判定に影響したのだろう」
 
 アンチェロッティが指摘したのは、先のリバプール戦(2-2)で物議を醸しているシーンだ。エバートンの守護神ジョーダン・ピックフォードが、相手DFフィルジル・ファン・ダイクと接触して全治8か月とも言われる大怪我を負わせてしまったのだが、退場処分にならなかったことで大きな波紋を広げたのである。

 その裁定が、サウサンプトン戦に影響を与えたと断言したイタリア人指揮官は、さらにこう続けている。

「こういったことはフェアではない。我々は抗議するよ。イエローカードではあるかもしれないが、レッドカードは行き過ぎだ」

 おそらくディーニュの退場が覆ることはないが、アンチェロッティは周囲の喧騒にレフェリーが惑わされたと主張した。果たして、この抗議はエバートンにいかなる影響をもたらすだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ