「最悪の一日だ」「ボローニャを裏切ることに…」冨安健洋のOGに伊紙が痛烈皮肉! 同情を示すメディアも

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月19日

試合終盤に決勝点となるOGを献上

思わずうなだれる冨安。自らのオウンゴールでサッスオーロに逆転を許してしまった。(C) Getty Images

画像を見る

 痛恨のプレーだったことは言うまでもない。

 現地時間10月18日に開催されたセリエA第4節で、ボローニャは本拠地でサッスオーロと対戦。互いに打ち合った末に3-4で敗れた。

 今節もCBで先発出場を果たしたボローニャの冨安健洋だったが、試合終盤に相手の決勝点に絡んでしまう。77分、相手DFギオルゴス・キリアコプロスが左サイドからグラウンダーのクロスを供給。これが自陣ゴール前にいた冨安に当たってゴールへと入ってしまったのだ。

 チームの逆転負けに繋がるオウンゴールをしてしまった冨安のプレーを地元メディアはどう見たのか。
 
 イタリア全国紙『La Gazzetta dello Sport』は、マッチサマリー内で「トミヤスは必死に戻ってきたが、ボールはゴールへと吸い込まれて、ボローニャを裏切る形となった」と綴れば、地元紙『Corriere di Bologna』は、「トミヤスは、素晴らしいプレーをした前半に敵陣でCKから得点機を迎えていた。後から考えれば、それを決めていればよかったのかもしれない。彼は最終的に中盤での守りのミスの代償を支払うことになった」と皮肉られた。

 シビアな評価が続いた一方で、同情的な意見も目立っている。イタリアのサッカー専門メディア『TUTTOmercatoWEB』は、寸評採点において冨安に「5」をつけたうえで、次のように綴っている。

「トミヤスにとっては最悪の一日だろう。しかしオウンゴールのシチュエーションは不運なものであり、彼に責任を被せるべきではない。この日の午後は日本人DFにとって非常に複雑なものになった」

 まさかの逆転負けに関与してしまった冨安。だが、4試合連続スタメンという結果が示す通り、プレーのクオリティーはイタリアでも確かな評価を得ており、次節のラツィオ戦では、より手堅い守りを披露したいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ