神戸、ホームで先制も勝ち切れず大分に1-1ドロー…藤本憲明が古巣相手に技ありの恩返し弾!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月14日

小川からのクロスを頭でふわりと浮かせ…

藤本が開始6分、古巣の大分から先制点を挙げる。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは10月14日、各地で22節の8試合を開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸対大分トリニータの一戦が行なわれた。

 試合は開始6分、ホームの神戸が先制。カウンターで右サイドから持ち上がった小川慶治朗がアーリークロスを入れると、走り込んだ藤本憲明がヘディングでGKの頭上越しにふわりと浮かせたシュートを放つ。これがクロスバーギリギリをかすめてゴールに吸い込まれ、神戸が1点をリードする。藤本は古巣の大分への恩返し弾となった。

 その後は一進一退の攻防となるも神戸がゴールを許さず、前半は神戸の1点リードで折り返す。後半に入り、大分の反撃ムードが高まるが、神戸もこの日先発を外れたイニエスタを投入して主導権を握り返しに行く。

 そして終盤の86分、大分は右サイドから切り崩し、岩田智輝がグラウンダーの鋭いクロスを入れると、これが酒井高徳のオウンゴールを誘い、大分が同点に追いつく。

  試合は結局、このまま1対1でタイムアップ。両チーム痛み分けで勝点1ずつを積み上げた。神戸は勝点33、大分は同29としている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
柏が江坂のゴラッソで先制も、興梠のショルダーシュートで追いつかれドロー…オルンガ対レオナルドは互いに不発に終わる
白崎が14試合ぶりの先発起用に応える貴重な先制点! 鹿島が敵地で2発快勝!鳥栖は厳しい4連敗…
【セルジオ越後】戦術は10年前の南アに逆戻り…C・ロナウドだって日本代表じゃ60分しかもたないよ!
【金田喜稔】“弱点”になり得る久保は先発で使いづらい。序列が逆転したポジションが…
欧州遠征で評価を上げたのは誰だ? いま外せない3人、2列目で際立った2人、新たに浮上した有力バックアッパー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ