【セルジオ越後】戦術は10年前の南アに逆戻り…C・ロナウドだって日本代表じゃ60分しかもたないよ!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月14日

森保監督の戦術ならゼロで抑えられるのも分かるけど…

コートジボワール戦で先発した久保だが、守備に追われ大きなインパクトは残せず。(C) Getty Images

画像を見る

 日本代表のオランダ遠征は1勝1分けという成績で終わった。2戦目のコートジボワール戦は終了間際に植田のヘディングシュートが決まって1対0で勝利。「結果と内容を求めていくのがこの仕事」という反町技術委員長の言葉からすれば、何はともあれ勝利という結果を掴めたことに関しては良かったんじゃないかな。

 ただし、内容という点で見れば物足りなさは否めないよ。コートジボワール戦は、カメルーン戦のように一方的に試合を支配されたような展開にはならなかったけど、そんなに大きく変わったわけではなかったね。チャンスの数も少なかったし、カメルーン戦と同様にスコアレスドローとなっても妥当な内容だった。

 結局、いまの日本のサッカーは、端的に言えば“守るチーム”なんだ。人数をかけて一生懸命追いかけてなんとか0点で守れば、終盤にチャンスが巡ってきて勝てるかもしれない――そんなサッカーだ。コートジボワール戦もカメルーン戦も、ハイライトがアディショナルタイムの数分だったのは偶然じゃないかもね。

 90分のなかで、さらにはこの2試合を通じて誰を交代させて、誰が交代しなかったのかを見れば、このチームが求めているものがはっきりするよね。要するにバックラインとボランチは不動。このボックスを強固なベースとして、まずはきっちりと守備をすることが前提になっている。だから両サイドもものすごいアップダウンで守備も手を抜かずにやるし、トップ下も鎌田や南野の仕事ぶりを見ても常に全力でボール保持者を追いかけていたね。その代わり1トップは孤立無援。ひとりで打開しなければいけない局面があまりに多すぎた。

 こういう戦術ならゼロで抑えられるのも分かるけど、僕はなんだか10年前にタイムスリップしたような気分になったよ。岡田監督が日本代表を率いた南アフリカ・ワールドカップの時にね。あの時も両サイドの大久保と松井が必死になって相手を追いかけて、前に本田を残して、そのキープ力頼みのようなサッカーだった。

 あのサッカーじゃ未来はないと言って、変わろうとしたはずだと思うんだけど、10年経ってまた逆戻りしたようだね。

【動画】植田直通が土壇場で決勝ヘッド!コートジボワール戦ハイライト

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ