「あのハゲ男は誰だ?」メッシが“鬼門の”ボリビア戦で相手ベンチに激高!小競り合いはなぜ発生した⁉

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月14日

メッシを激怒させた“犯人”は?

鬼門のボリビアとのアウェー戦に臨んだメッシ。試合後にひと悶着が…。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月13日に行なわれたカタール・ワールドカップの南米予選第2節で、アルゼンチンは敵地でボリビアと対戦。2-1で勝利し、第1節のエクアドル戦(1-0)に続いて連勝を飾った。

 3000メートルを超える高所にあるため、いつも通りプレーするのは困難で、これまで苦杯をなめ続けてきた“鬼門の地”での一戦に臨んだアルゼンチンは、開始24分に先制を許して嫌なムードが立ち込める。しかし、前半終了間際にラウタロ・マルティネスが同点弾を決めると、79分にホアキン・コレアが勝ち越しゴール。価値ある逆転勝ちを収めている。

 だが、試合後にひと悶着があった。お互い激しく火花を散らす南米予選では、両軍がヒートアップするシーンは難しくないが、その張本人がなんとリオネル・メッシだったのだ。

 言わずと知れたアルゼンチンのキャプテンは試合終了のホイッスルが鳴ると、ボリビアベンチに向かって激昂。両チームが入り乱れる小競り合いとなった。メッシのその険しい表情からは尋常ではない様子が窺えた。

 どうやら、試合中にボリビアベンチから汚い野次が飛んでいたようだ。

 スペイン紙『AS』のアルゼンチン版は、「メッシが激怒したあのハゲ男は誰だ?」という記事を掲載し、揉めていたのは、ボリビアのフィジカルコーチを務めるアルゼンチン人のルーカス・ナバだと断定している。

【動画】尋常でない表情でまさかの激高!周囲になだめられるメッシの様子はこちら
 
 試合後、地元メディア『Ole』の取材に応じたナバは、次のように釈明した。

「一番いいのは、何も言わないことだ。正直でないのは好きではない。(小競り合いのシーンでは)私はただ、追放などによって誰も傷つかないように、(両軍を)分離しようとしただけだ。私はすべてのアルゼンチン人選手や、地球上の他の人間のようにレオ(メッシ)を尊敬している。すでに多くの誹謗中傷を受けている。最も良いのは、私が話をするために出てこないことだ」

 そして、そもそもメッシが怒ったことについては、「ゲーム中に『バカ』と叫んでいた。メッシはとくにナーバスに受け止めたんだと思う」と明かしている。

 大エースもそれだけこの“大一番”に気合いが入っていたのだろう。やや後味が悪くなってしまったが、見事に難所を突破したアルゼンチンが好スタートを切っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ