森保監督はコートジボワール戦について「勝利をもぎ取れた」と満足気。一方で課題にも言及

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年10月14日

「団結して準備してくれた」

森保監督はチャンスを作れていることには好印象を持っているようだ。写真:龍フェルケル

画像を見る

[国際親善試合]日本 1-0 コートジボワール/10月13日/スタディオン・ハルヘンワールト(オランダ/ユトレヒト)

 オランダ遠征、第2戦のコートジボワール戦は日本が1-0で勝利。後半アディショナルタイムの植田直通のヘディングシュートが決勝点となった。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた森保一監督は試合を以下のように総括した。

「サブの選手、スタートから出ている選手と、(全員が)良い準備をしてきました。皆が本当にチームのために、いつ出ても自分はプレーできる、と団結して準備してくれたことが決勝点につながったのかなと思います」

 決勝点を挙げた植田は試合終了間際の89分に投入した選手。森保監督の采配が見事に当たった形だが、その言葉通り全員が良い準備をしていたからこその得点、そして勝利につながったと言える。
 
 また「相手にとってもアウェーですけど、我々にとってもアウェー。相手のコンディションが非常に良くて、そういうなかで無失点に抑えることができた。1試合目は残念ながら勝てませんでしたが、今回、勝利をもぎ取れたのは自信になる」と指揮官はもちろん結果にも満足気だった。

 それでもスコアレスに終わったカメルーン戦を含めると、なかなか得点が奪えていないのも事実。今後は「守るだけでなく、必ずチャンスは作っているので、最後を決め切ること」(森保監督)をチームの課題として取り組んでいくつもりだ。

 2020年の初勝利を挙げた日本代表をどこまで引き上げてくれるのか。その鍵を握るのは言うまでもなく監督だろう。欧州遠征の2試合で出た課題をいかに改善してみせるのか、今後に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ