「路上で水を売っていた」ナポリ期待の新戦力が壮絶な過去を告白!「希望なんてなかった」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年10月11日

「ベルギーの2クラブに断られた」

7000万ユーロという高額な移籍金でリールからナポリに加入したオシメーン。(C) Getty Images

画像を見る

 今シーズン、リールからナポリに移籍したヴィクター・オシメーンは、笑顔がとても魅力的だ。だが、彼は恵まれない幼少期を過ごしてきた。

 21歳のナイジェリア代表FWは、ナポリの公式メディアで、「小さいころに母を亡くし、3か月後に父が仕事を失った。僕ら兄弟姉妹には、とても難しい時期だったよ。生き延びるために、ラゴスの路上で水を売らなければいけなかった」と振り返っている。

「希望がなく、自分を信じていると言ってくれる人がだれもいないところだった。良い生活を送るために、自分と家族にとって、サッカーだけが唯一の希望だと思っていた」

 オシメーンは「今いるところを幸せに思う。くじけず、自分を信じることを学んだ。人生で父が苦しむのを見てきて、それが成長する中で多くの教えになったと思う」と続けている。

「僕は生きるために闘わなければならなかった。とても若くして家を出て、芝刈りやご近所への水運びなど、何とか仕事をしようとした。食べるため、家族を助けるためだ。厳しい幼少期だった。本当に、良かったことなんて何もない。つねに闘いだった。それが今の自分になる助けになったんだ」
 
 母国の英雄ディディエ・ドログバがアイドルというアタッカーは、「夢がかなった。3年前、自分が世界有数のクラブと契約すると言われても信じなかったよ。ヴォルフスブルク時代は難しかったし、ベルギーの2クラブに断られた。最後にようやくシャルルロワに雇ってもらえたんだ」と話している。

「当時は本当にストレスフルだった。ナポリと契約すると言われても、あり得ないと答えていただろう。今は不可能がないと信じている。僕は自分のことをやり続け、仕事を続け、そして今ここにいる。夢がかなった。感謝している」

 だが、夢には続きがある。ナポリの人々の歓迎に感銘を受けた様子のオシメーンは、「アフリカ年間最優秀選手になるのが夢だ」とも口にしている。

「僕は正しい道にいると思う」

 想像を絶する苦労を経て、プロサッカー選手となり、欧州の大きな舞台に立つようになった男は、ナポリで新たな夢の実現を目指す。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】ビッグディールが続々成立!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ