「クボは大胆だった」久保建英の代表戦をスペインメディアも注目!「あまり見たことがない」と驚愕させたプレーは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月11日

「最後だし蹴ってみようと…」

カメルーン戦で65分から途中出場した久保。(C)Getty Images

画像を見る

 10月9日、日本代表はオランダのユトレヒトでカメルーン代表との強化試合を行ない、0-0のスコアレスドローに終わった。

 注目の久保建英は、堂安律に代わって65分から途中出場。2シャドーの一角に入ると、ドリブルで左サイドを抉ってクロスを上げるなど、随所に持ち味を発揮した。

 試合終了間際には、右からのFKではキッカーを務め、直接ゴールを狙うも、相手GKに防がれた。本人は試合後、「壁の位置があまり良くなかったので、狙えるかなと思って。最後だし蹴ってみようと。ただ、GKがナイスセーブだったと思います」とこのシーンを振り返っている。

【代表PHOTO】南野や久保が奮闘!久々の代表マッチとなったカメルーン戦の模様を厳選写真でチェック!
 この19歳のMFに着目していたのは、日本のファンやマスコミだけではない。スペインのメディアもカメルーン戦における久保の動向を伝えている。

 スペイン紙『AS』は、「0-0で終わった日本とカメルーンのフレンドリーマッチでクボに最後にチャンスが回ってきた。95分のFKは、試合に勝つためのクボの大胆なプレーだった」と評した。

 同じく全国紙の『MARCA』は、「クボは途中出場だったが、ピッチにいたときはこんなプレーをした」とFKの場面を動画で紹介。「あまり馴染みのない側面」として「彼自身が直接狙ったパワーのあるプレースキック…ボールはわずかに入らなかった」と綴っている。威力のあるFKが驚きを与えたようだ。

 常に注目を浴びる若武者は、「途中出場の選手がもっと流れを変えなければいけない」と反省を口した。13日に行なわれるコートジボワール戦では、世界を驚かすプレーを披露するか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】スペイン紙も驚き!久保建英の強烈なFKはこちら
【関連記事】
なぜ久保建英に出番を与えないのか? 批判を浴びるエメリ監督が明かした理由「昨季は良いシーズンを送ったが…」
【カメルーン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
金田喜稔がカメルーン戦を斬る!「大きかった“翔哉ロス”。 唯一違いを作っていたのは…」
【セルジオ越後】森保監督の手腕に“改めて”疑問符!1年ぶりの代表戦もフタを開けてみれば…
「マドリーにそんな権利はない」久保建英のレンタル契約を破棄する条項はないと現地報道!「起用に関するクレームは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ