【鹿島】今季6度目のAT弾で逆転! 終了間際の劇的ゴールに最も絡んでいる選手とは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年10月11日

「若手だからこそ、思い切ってやっていきたい」

途中出場から何度も決定的な仕事に絡んでいる高卒1年目の荒木(26番)。もはやチームにとって不可欠な存在だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第21節]鹿島3-2横浜FC/10月10日/カシマ

 今季6度目を数えるアディショナルタイムでのゴールで、鮮やかな逆転勝ちを収めた。

 21節・横浜FC戦、2点のビハインドに追いつき、2-2で迎えた90+2分、小泉慶が勝負を決する3点目をねじ込んだ。

 この横浜FC戦以外で、鹿島はこれまで5度、アディショナルタイムに得点し、いずれの試合でも勝点を手にしている。詳細は以下のとおりだ。

8節・大分戦(〇4-1)時間:90+5分/得点者:伊藤翔
10節・神戸戦(△2-2)時間:90+4分/得点者:荒木遼太郎
12節・G大阪戦(△1-1)時間:90+5分/得点者:犬飼智也
13節・柏戦(〇3-2)時間:90+1分/得点者:土居聖真
18節・湘南戦(〇1-0)時間:90+4分/得点者:ファン・アラーノ

“ダメ押し弾”となった大分戦のゴールをのぞき、その他はどれもチームを敗戦から救う、あるいは勝利をもたらすゴールである。

 これら終了間際の価値ある得点に最も絡んでいる選手がひとりいる。高卒ルーキーの荒木だ。

 神戸戦では待望のプロ初得点を記録。G大阪戦では左足のクロスで犬飼のゴールをアシスト、柏戦では土居の得点をお膳立てした三竿健斗に丁寧なゴロパス、そして冒頭で記した横浜FC戦では、鋭い反転からゴール前にいる小泉へアシスト。また大分戦でも、右からのクロスを巧みにヘッドですらせて、その流れから伊藤のゴールが生まれている。

 AT弾に絡んだこの5試合はすべて途中出場。限られたプレータイムのなかで、きっちりと仕事をこなしている。

「若い自分たちが勢いを持ってチームに絡んでいければ、チームももっと良くなるはず」
「若手だからといって遠慮するのではなく、若手だからこそ、思い切ってやっていきたい」

 その言葉どおりのパフォーマンスを示す18歳のアタッカーは、上位進出を目論む鹿島にとってもはや不可欠な存在だ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第21節PHOTO】鹿島3-2横浜FC|小泉が劇的逆転弾!横浜FCのパスワークに苦戦するも、終盤に畳み掛けた鹿島が勝利!
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島3-2横浜FC|圧巻の逆転劇で“違い”を生み出した助っ人アタッカー
【鹿島】代表活動で経験値を積み上げた荒木遼太郎。横浜FC戦は「勝って、勢いづけたい」と意気込み
【鹿島】「若手の自分たちが勢いを持って――」高卒ルーキー荒木遼太郎の心意気
【鹿島】期待のルーキー荒木遼太郎の“得意とするプレー”が攻撃に勢いを生む
【鹿島】押し込みながらも敗れた大分戦――。それでもザーゴ監督が重視する“ポゼッション”の真意

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ