「世界のなかでも優秀なチーム」カメルーン指揮官が日本代表をリスペクト! 試合内容には「非常に満足している」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月10日

「アフリカネイションズカップ向け非常に良い準備ができた」

試合後、日本メディアの取材に応じたカメルーンのダシルバ・オリベイラ監督。※オンライン会見のスクリーンショット

画像を見る

 10月9日、カメルーン代表のダシルバ・オリベイラ監督が試合後、日本メディアの取材に応じ、「非常に満足している」と日本戦を振り返った。

 カメルーンは、試合の立ち上がりこそ日本の激しいプレスに苦戦。開始4分には南野拓実に前線からプレッシャーを受けたことで、DFからGKへのバックパスがずれ、あわやオウンゴールかという場面もあった。

 しかしすぐさま立て直すと、フィジカルの強さ、スピードといった身体能力の高さを生かして何度も日本のゴールを脅かし、守備でも粘り強く守り無失点に抑えた。

 指揮官は、「最初の5分くらいまでは、とくにディフェンスラインが非常に不安定な状態にありました。それは日本のプレスが非常に利いていて、そのプレスをどうかいくぐるかというのが最初の課題でした」と序盤は苦戦を強いられたことを告白。それでも、「70分までは我々は非常に良いプレーができたと思います。最後の15分から20分でチームに疲労が見えましたが、全体的には良いパフォーマンスを見せられました」と総評した。
 
 また今回の親善試合は、カメルーン代表の未来を形作るうえで役立つものであったと満足気に語った。

「選手たちは非常に真摯な態度で試合に臨み、国を代表しているという強い意識を持って戦った。日本代表という世界のなかでも優秀なチームと戦えて、そのなかで得たものに関して我々は非常に満足しています。これで11月に我々が挑むアフリカネイションズカップのモザンビーク戦に向け、非常に良い準備ができたと思っています」

 相手チームへのリスペクトも忘れず、「ありがとう!」と笑顔で会見場を去ったオリベイラ監督。その表情からも、有意義なテストマッチになったことが十分に伝わってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【代表PHOTO】日本0-0カメルーン|南野・久保ら決定機を迎えるも…海外組のみで挑んだ約1年ぶりの日本代表戦はスコアレスドロー!
【関連記事】
【カメルーン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本0-0カメルーン|採点&寸評】3バックをテストのディフェンス陣は奮闘も…連係不足の攻撃陣は沈黙
能力の高さを随所に発揮した久保建英。終了間際のFKは「壁の位置があまり良くなかったので…」
「課題は攻撃の質」「自分たちの攻撃はいつもより…」新“10番”南野拓実が明かした2020年初陣に足りなかったもの
大迫勇也が悔やんだ48分のヘディング…「あれを突き詰めていかなきゃいけない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ