「恥を知れ」「道化師め」ユベントスへ“禁断の移籍”をしたキエーザに、フィオレンティーナのファンが激怒!

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年10月06日

3年前にはベルナルデスキが

下部組織時代から在籍したヴィオラを離れる決断をしたキエーザ。(C) Getty Images

画像を見る

 批判は覚悟のうえだっただろう。

 移籍市場最終日となった10月5日、イタリア代表のフェデリコ・キエーザは、フィオレンティーナからユベントスへの移籍が決まった。

 ユベントスによると、条件は買い取りオプションつきの2年レンタル。1年目に300万ユーロ(約3億8000万円)、2年目に700万ユーロ(約8億8000万円)のレンタル料が払われ、買い取り額は4000万ユーロ(約50億円)に設定されている。

 ただし、レンタル期間中に一定条件を満たした場合、買い取りは義務となる。また、買い取る際の4000万ユーロの支払いは3回分割が可能。さらに条件次第で最大1000万ユーロ(約12億5000万円)のボーナスがつく。つまり、最大で6000万ユーロ(約75億円)の取引だ。
 
 ユース出身のキエーザだけに、フィオレンティーナにとっては多額の利益となる。だがもちろん、サポーターは喜んでいないだろう。エースが選んだのが、宿敵だけになおさらだ。

 かつてのロベルト・バッジョの引き抜きを筆頭に、フィオレンティーナ・サポーターのユベントスに対する敵対感情を物語るエピソードは数多い。3年前もキャプテンだったフェデリコ・ベルナルデスキが絶対王者に移籍しており、一部ファンの不満は募るばかりだ。

 キエーザの移籍にも、落胆するファンが少なくない。そして、その一部はそれを間違ったかたちで表に出してしまう。

『Calciomercato.com』など複数のイタリア・メディアによると、一部のファンがこの日、キエーザがユベントスのメディカルチェックを受ける際に「恥を知れ」「道化師め」と罵声を浴びせたのだ。

 トップチームに昇格してからの4年で時にキャプテンマークを巻き、チームを代表する選手となった22歳にとって、ファンから罵倒されるのはつらいだろう。だが、ユーベを選んだ時点で覚悟はしていたはずだ。キエーザは新天地で結果を残すことに集中しているに違いない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】キエーザら最終日にも大きな動きが!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ