「最愛の恐竜への非情な宣告だ」英国で衝撃! アーセナルの人気マスコットがコロナ禍のコスト削減で“クビ”に

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月06日

クラブは“再雇用”の可能性を強調も…

1993年の誕生以来、クラブのために尽くしてきたガンナーザウルスも無観客では活躍の場がなく…。 (C) Getty Images

画像を見る

 驚きのニュースが舞い込んできた。

 現地時間10月5日、衛星放送『Sky Sports』をはじめとする複数の英国メディアは、アーセナルの人気マスコット『ガンナーザウルス・レックス』が、新型コロナウイルスの経済ダメージによるコスト削減のために“解雇された”と報じた。

 クラブ公式によれば、1993年の夏にハイバリー(旧本拠地)のノース・バンク(熱心なサポーターが陣取るスタンド)を建て直す際の基礎工事で発見された巨大な卵から産声をあげたというガンナーザウルスは、その愛くるしさで、ファンから愛されていた。

 英紙『The Sun』によれば、いまだ無観客が続いているコロナ禍では活躍の場がなく、アーセナルの上層部はコスト削減の対象にし、苦肉の決断を下したという。

 観客が動員できるようになった際には再雇用される可能性があるというものの、27年間に渡ってアーセナルの為に尽くしてきたガンナーザウルスの解雇は、国内で小さくない話題となっている。英メディア『talkSPORT』は、「最愛のマスコットへの非情なクビ宣告」と驚きを以って伝えている。
 
「移籍市場のデッドラインデーにアーセナル・ファンは悲しい知らせを知ることになった。最愛のマスコットであるガンナーザウルスがコスト削減の犠牲となり、クビになったのだ。

 1993年の誕生以来、クラブカルチャーの発展に欠かせない存在だった恐竜だが、経済の不況には抗えなかった。クラブはいずれ戻ってくることを主張しているものの、ファンは荒廃することだろう」

 さらに往年のレジェンドたちも悲しみに暮れている。元アーセナルのイアン・ライトが、「最悪のニュースだ。君を愛しているよ」とメッセージを発信すれば、元イングランド代表FWのガリー・リネカーは、「とても悲しい。彼は血まみれの恐竜になった」と嘆いた。

 現在、英国では新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているとされており、プレミアリーグも観客動員の目途は立っていない。とはいえ、選手の高額サラリーに比べれば、マスコットの“人件費”など痛くも痒くもないはずだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ