「このボレーはゲームの世界」「バケモンやん笑」鄭大世のJ2最年長ハット達成の豪快弾にファン大興奮!「何度見ても…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月05日

「北朝鮮のイブラヒモビッチ」

スーパーボレーでハットトリックを達成した鄭大世。(写真は清水時代のもの)写真:徳原隆元

画像を見る

 衰え知らずのベテランが途中出場で大仕事をやってのけた。

 出場機会を求めて8月に清水エスパルスからJ2アルビレックス新潟へ加入した鄭大世は、4日のFC町田ゼルビア戦で、1-0とリードして迎えた64分にピッチへ。

 すると、まずは出場から13分後の77分。ペナルティエリア内で中島元彦からの絶妙なパスを受けると、ダイレクトで合わせ1点目。そしてさらに89分。GKに猛烈なチャージをかけると、相手のファウルを誘いPKを獲得。それを自ら蹴りこみ2点目をゲットした。

 これで俄然勢いに乗ったストライカーの仕上げは、試合終了間際の95分。福田晃斗のペナルティエリア手前からの浮き球に反応し、身体を倒しながらボレーで豪快に沈めて見せた。わずか18分間で見事ハットトリックを達成。36歳で成し遂げた自身13年ぶりの偉業は、J2最年長記録となった。

 そして試合後、どれも素晴らしいゴールだったが、特にファンの間で話題沸騰となっているのが3点目の豪快弾だ。見る者を魅了するこのゴールは、映像がSNSにアップされると、たちまち大反響。ファンからは次のようなコメントが寄せられている。
 
「テセやばぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
「美しすぎる」
「テセさんバケモンやん笑」
「これ北朝鮮代表収集あるぞw」
「北朝鮮のズラタン・イブラヒモビッチ」
「綺麗すぎて口開きっぱなしで3回みたわ」
「何度見ても見飽きないパーフェクトボレー」
「家で見てた時思わず叫んじゃいました笑笑」
「自分でおさめて、このボレーはゲームの世界」

 昇格圏内とは勝点差「9」につける新潟。これから負けられない試合が続くが、円熟味を増す“北朝鮮のイブラ”が4年ぶりのJ1返り咲きを狙うチームを熱く鼓舞する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】叫ばずにはいられない!鄭大世の超絶ボレーはこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ