横浜、5連勝ならずも鳥栖と1-1ドローで4位浮上! 6戦連発の絶好調エリキは「神様に感謝」「勝利が欲しかった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月30日

エリキはここ6試合で8得点の荒稼ぎ!

終盤の84分に同点弾を決めたエリキ。今季9点目を挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは9月30日、アジア・チャンピオンズリーグに出場するチームの前倒し日程となる試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜F・マリノス対サガン鳥栖の一戦が行なわれ、1対1の引き分けに終わった。

 試合は0-0で迎えた後半にスコアが動く。49分に、CKのチャンスを掴んだアウェーの鳥栖は、こぼれ球を拾った森下龍矢が右足を一閃。強烈なシュートをゴール右に叩き込み、鳥栖が先制点を挙げる。

 先制を許す展開となった横浜は徐々に反撃の手を強め、終盤に入った84分、同点に追いつく。再三敵陣に攻め込んでいたエリキが天野純からのラストパスを受け、そのまま左足で流し込む。エリキの6試合連続ゴールで横浜が1-1とする。エリキはここ6試合で8ゴールを荒稼ぎ。今季通算9得点としている。

 試合はこのまま1対1でタイムアップ。ともに勝点1ずつを積み上げ、横浜は勝点34として、神戸に敗れた名古屋グランパスをかわし4位に浮上した。一方、連勝を逃した鳥栖は同18となっている。

 試合後、ここ6戦8発と絶好調のエリキは「神様に感謝したい。天野選手が素晴らしいパスを出してくれた」「6試合連続ゴールは嬉しいが、今日は勝利が欲しかった」と語り、自身のゴールに喜びを見せながらも、勝点3に及ばなかったことを悔やんだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】横浜FMの切り札!! エリキ が6戦連発弾
【関連記事】
イニエスタ、高速ワンツーから珠玉の決勝ゴラッソ! 新生・三浦ヴィッセルが名古屋を破り3連勝!
【福西崇史が選ぶJ1前半戦ベスト11】断トツ首位の川崎からは5人!なかでも別格の存在感を誇るのは…
森保J発足2年で変わりつつある勢力図… いま日本代表で不可欠な人材、試したい人材は?
【識者の視点】森保Jで先発11人を選ぶなら、外せないのは久保建英を含めて4人! 前線の構成は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ