「彼らは本気だった…」オーバメヤンがバルサからのオファーを漏らす。アーセナル残留の決め手となったのは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月29日

改革の肝となる補強で試行錯誤が続くバルサ

この夏にアーセナル残留を決断したオーバメヤンの下にはバルサからの誘いが来ていたようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間9月15日にピエール=エメリク・オーバメヤンは、アーセナルと2023年6月までの契約を締結した。

 今夏の移籍市場で、パリ・サンジェルマンやミランなど複数のメガクラブから狙われる人気銘柄だったオーバメヤンは、最終的にクラブ最高給となる週給37万5000ポンド(約5200万円)で、アーセナル残留を決意した。

 実際に他クラブからのオファーはあったのか。現地時間9月27日に公開されたフランス・メディア『Canal+』のインタビューでオーバメヤンは、次のように語っている。

「いくつかオファーがあったのは認めるよ。特にバルサからは熱心な誘いを受けた。彼らは本気で僕と契約したがっていたよ」

 昨シーズンの不振から脱却すべく今夏にオランダ代表在任中だったロナルド・クーマンを電撃招聘したバルサは、移籍市場でアルトゥーロ・ビダル(→インテル)とイバン・ラキティッチ(→セビージャ)、ネウソン・セメド(→ウォルバーハンプトン)やルイス・スアレス(→アトレティコ・マドリー)らチームの支柱だった主力を一気に放出。抜本的な改革に乗り出している。
 そうしたなかで、ラウタロ・マルティネス(インテル)やメンフィス・デパイ(リヨン)など、新たに中軸を担えるタレントの獲得が囁かれているが、いずれも合意には至らず……。水面下で獲得を進めていたオーバメヤンとの交渉も失敗に終わったようだ。

 31歳のガボン代表FWは、「自分のプライオリティーは、アーセナルに残ることだった」とバルサを蹴った理由について、こう続けている。

「何よりも監督が理由だよ。ロックダウン中に、アルテタとはたくさん話をすることができた。家から何度か話をして、特にプロジェクトの面で納得させてもらえたんだ」

 チームに大胆なメスを入れ、文字通り血の入れ替えを行なっている今夏のバルサ。だが、改革の肝となる補強では、試行錯誤が続いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ