「タキのプレーすべき場所は…」南野拓実へのクロップ監督の“教え子愛”に英紙も驚嘆!「完全にお気に入り」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月26日

試合後の会見で手放しで絶賛

試合後、笑顔で堅い握手をするクロップ監督(左)と南野(右)。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月24日、カラバオカップ3回戦が行なわれ、リバプールはイングランド3部のリンカーン・シティと対戦。7-2で大勝し、難なく4回戦へ駒を進めている。

 南野拓実は4-3-3のCFで先発。2ゴール・1アシストの活躍で、マン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

 この背番号「18」のパフォーマンスに、現地紙やサポーターも称賛。だが、最もこの活躍を喜んだのは、チームを率いるユルゲン・クロップ監督のようだ。試合後の会見に登場した指揮官の興奮ぶりを、英紙『THE INDEPENDENT』は「とにかくミナミノに対する称賛の言葉でいっぱいだった」と驚きを交えて報じている。

「リバプールの監督は、ロベルト・フィルミーノの役割を埋めるために必要な努力と、クオリティーを示したミナミノの獲得を誰よりも喜んでいた。そして今日の試合の後、ミナミノを前線の中央に置くこそが、チームにとって最も価値のあることだと示唆した」

 ドイツ人指揮官は「今夜のタキのプレーは最高だった」と称え、「彼の資質がどこで発揮されるのか、私たち全員が気づいているだろう。最終的に彼がどこでプレーにするにしても、最適な場所は中央なんだ」と熱弁したという。

「相手は7回もキックオフをしなければならなかった。でも、そのキックで転がったボールを受けた相手を、一番最初に追いかけた男はタキだ。彼は、こういったプレッシングやカウンタープレスの場面で、すべてのリズムを作ってくれた。今夜の彼は本当に、本当に良かった」

 同紙はこの様子を受け、「ミナミノはクロップの完全なお気に入り」であるとし、さらには「リバプールの今後において、重要なFWになることを確信しているようだ」と綴っている。

 リーグ連覇を狙う王者の次なる公式戦は、29日に行なわれるアーセナルとのプレミアリーグ第3節だ。指揮官に絶賛された25歳の日本代表FWは、この大一番に出番を得られるか。注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ