「いかれてるのか?」クロップがチェルシー戦で見せた“ポリシー”。南野拓実らが座る自軍ベンチに激怒した理由

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月22日

数的優位になった直後に聞こえた拍手に…

チェルシー戦で味方を一喝したクロップ。その理由とは? (C) Getty Images

画像を見る

 興味深いワンシーンだった。現地時間9月20日に開催されたプレミアリーグ第2節のリバプール対チェルシーの一戦でのことである。

 昨シーズンの王者であるリバプールがサディオ・マネの2ゴールで2-0と勝利したこの試合のターニングポイントとなったのは、前半終了間際にチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがVAR判定の末に退場となったシーンだ。

 序盤から息を吞むほどの緊迫したハイレベルな攻防戦が続いていただけに、数的不利となったことをきっかけにチェルシーの集中力が散漫になったことは言うまでもない。

 そして、このクリステンセンが退場となった時だ。南野拓実らが座るリバプールのベンチから拍手と共に「よし!」という声が一斉に挙がった。数的優位に立ったことを素直に喜んだ反応とも言えるだろう。

 しかし、これを他でもないリバプールの指揮官ユルゲン・クロップは見逃さなかった。背後から聞こえた歓声を耳にした瞬間にテクニカルエリアからベンチの方向に向かって、“Fワード”を用いて、こう叫んだのだ。
 
「なんだ? いかれてるのか? 我々は絶対にそういうことをしちゃいけない! いいか?」

 鬼気迫る表情で自軍を一喝したクロップ。彼はなぜ怒ったのか? 地元紙『Liverpool Echo』によれば、ドイツ人指揮官は試合後に、次のように漏らしたという。

「あれは私が見たくない行ないだった。すでに拍手をしたスタッフたちとは話をして、問題は解決した。ただ、とにかく私が個人的に嫌う振る舞いだったんだ」

 常々リスペクトの重要性を説いてきたクロップだけに、自身の理念に反した味方の振る舞いに我慢がならなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ