香川真司の移籍先に柴崎岳加入のレガネスが急浮上!「サラゴサはカガワの新天地を探している」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月23日

香川の年俸分で2人の新戦力の獲得を目論む

残留を望んでいる香川だが、退団は避けられないか。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 スペイン2部のサラゴサに所属する香川真司は、やはり放出される可能が高いようだ。

 地元紙『Heraldo』は9月23日、「クラブはカガワの新天地を探している」として、サラゴサ上層部が、この日本代表MFを放出して45万ユーロ(約5600万円)という2部としては高額な年俸負担から解放されるとともに、EU圏外選手枠の空きを作りたいと考えていると報じた。

 2つしかないEU圏外枠はブラジル人FWライ・ナシメントとセルタから新加入とウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスに割り当て、さらに香川の年俸分で2人の新戦力の獲得を目論んでいるという。
 
 記事によれば、香川には、今季から2部に昇格したログロニェスと、1部から降格してきたレガネスからオファーがあるようだが、「確信は持てない」状況のようだ。

 レガネスと言えば、今夏に柴崎岳が入団したチームだが、はたして日本が誇るMF2人が共闘する可能性はあるのか。ほかにも、同じく2部のラージョ・バジェカーノやカタールのクラブなどからの関心が伝えられている31歳は、いったいどんな決断を下すのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】チームメイトと肩を組んで笑顔!残留を強調した香川の投稿はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ