“王国ブラジル産”の最新プロダクト 新鋭FWケネディ&エリックに集まるヨーロッパからの熱視線

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年03月09日

ケネディはプレミア行きが有力か。

リオ五輪を戦う現U-20代表のエースとして期待されているケネディ。ダイナミックなプレースタイルはプレミア向きか。 (C) Getty Images

画像を見る

 フルミネンセでプレーするブラジルU-20代表のFW、ケネディにヨーロッパからの注目が集まっている。
 
 96年生まれのケネディは、181センチ・80キロという頑強な体格を持ったパワフルな左利きのアタッカーで、右サイドから内に切れ込むプレーを得意としながら、センターフォワードとしても通用する。
 
 フルミネンセではまだそれほど出場機会を得ていないものの、ブラジルU-19とU-20代表で際立ったパフォーマンスを見せたことから、ヨーロッパから注目が集まりはじめた。
 
 フィジカルコンタクト、走力、テクニックを合わせ持ち、タイプ的にはイングランド・サッカーにぴったり。エージェントのエドアルド・アウベスはプレミアリーグに照準を合わせて売り込みを図っている。
 
 イタリアではインテルが関心を示しているが、イングランド勢との競合に勝つのは難しいだろう。
 
 一方、カンピオナット・ブラジレイロ(ブラジル全国リーグ)でブレイク中の20歳のFW、エリック・リマ(ゴイアス)も、ヨーロッパのクラブから注目を集めている。
 
 170センチという小柄な身体に爆発的なスピードとゴールセンスを備え、ここまですでに12得点。ゴイアスという弱小クラブでプレーしているうえに、年代別代表でほとんど実績がないこともあり、市場価格は500万ユーロ(約7億円)前後とそのタレントと比べて「格安感」がある。
 
 ベンフィカ、ポルトというブラジルに強いコネクションを持つクラブが獲得を目論む一方で、前述のケネディと同じエージェントのエドアルド・アウベスはイタリアへの売り込みにも興味を示している。
 
 イタリアでは、つい先日、広州恒大のテクニカルディレクターを辞したばかりのマルチェロ・リッピがそのプレーを高く評価しており、ファビオ・カンナバーロが監督を務める広州恒大に獲得することも考えていた。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

カンピオナット・ブラジレイロでブレイク中のエリック。代理人はセリエAへの売り込みを考えているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ