【清水】タフに戦う新キャプテン

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2015年03月08日

後半も運動量は落ちず、苦しい時間帯にチームを救う。

攻守で躍動し、古巣相手に会心の勝利。清水の新キャプテン本田は、ハードワークでチームを牽引する。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季から初めて清水のキャプテンに任命された本田拓也は、「キャラじゃない」と照れていた。しかし、開幕戦では堂々と振る舞って攻守に躍動。献身的かつダイナミックな働きぶりには目を見張るものがあった。
 
【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・1節
 
【J1採点&寸評】全9カードの評価をチェック!
 
 鹿島がロングボールを主体に攻めてきた前半は、DF陣が撥ね返したセカンドボールやルーズボールに対する出足が鋭く、球際のぶつかり合いでも強さを発揮。そこからのつなぎも正確で、文字どおりチームを牽引していた。
 
 ボール保持者に対するアプローチの速さも、清水の新キャプテンの魅力だ。40分には相手ペナルティエリア前で梅鉢貴秀のボールを奪取。そこから大前元紀の先制点が生まれている。
 
 後半は遠藤康を起用して修正を図った鹿島に主導権を握られたが、そのなかでも本田は運動量を落とすことなく走り続けた。守備だけでなく攻撃にも絡み、74分には2列目から走り込んで村田和哉のクロスに右足を合わせる。苦しい時間帯に勝ち越しゴールを挙げ、チームを救ってみせたのだ。
 
 昨季の開幕時はプレシーズンからまったくコンディションが上がらず、その後も先発出場できない時期が続いた本田。今季はその反省を踏まえて、きっちりと身体を作ってきた。試合後、いつも以上の弾ける笑顔で仲間やスタッフと抱き合う姿には、新キャプテンとして迎えた開幕戦勝利の喜びや充実感が満ちあふれていた。
 
 ただ、「球際(の強さ)は気持ちとポジショニングとセカンドボールの予測だと思うし、今日の前半は(チームメイトとの)距離感がすごく良かった。後半に行けなくなったのは、距離感が少し悪くなって、相手のボランチに自由にやらせてしまったから。攻撃面も含めて、次の試合に向けて改善すべきところは多い」とすぐに気持ちを引き締め直す。
 
 強烈なキャプテンシーというより、誰よりもハードに、タフに闘うことでチームを牽引する本田。今年の清水はひと味違う――。そう思わせるような試合ぶりを、自ら先頭に立って体現した。
 
取材・文:前島芳雄(フリーライター)
【関連記事】
【J1採点&寸評】1stステージ1節|全9カードの出場選手&監督を現地記者が評価
【岩本輝雄のプロフェッショナル採点】3発に絡んだ宇賀神の「凄さ」
【湘南×浦和│勝負の綾】「あえてボールを持たせた」浦和の狙いは?
【神戸】間違いない「ネルシーニョ効果」
【松本】J1初陣で見えた攻撃の核

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ