「目標は15ゴール」鎌田大地、フランクフルトと2023年まで契約を延長。新シーズンへの意気込みを語る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月16日

新シーズン開幕直前に発表

アディ・ヒュッター監督の評価も高い鎌田。新シーズンもドイツで戦うことが決まった。(C)Getty Images

画像を見る

 フランクフルトに所属する鎌田大地は、9月16日、2021年6月末までの契約を2年延長し、2023年6月末まで契約を更新したと発表。17年6月に加入した24歳は、再びドイツの地で戦い続けることになる。

 契約更新にあたり、フレディ・ボビッチSDは「18-19シーズン、彼はベルギーで大きなステップを踏み出し、我々を納得させてくれた。彼が残留を決めたことをうれしく思う。今後、チームでさらに重要な役割を果たせると確信している」とコメントしている。

 さらに同日、2020-21シーズンのブンデスリーガを放送するスカパー!がオンライン会見とファンイベントを実施。今週末のリーグ開幕を控え、今シーズンをドイツ1部で戦う遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(ビーレフェルト)とともに、鎌田大地(フランクフルト)もオンラインで出席した。

 ファンイベントに生中継で登場した鎌田は、「15得点できたら、良いシーズンを過ごせたと思う。チームとしては、去年よりもいい成績を目指す。ヨーロッパ・リーグなどの欧州カップ戦の出場権を目指してやりたいと思う」と語り、新たなシーズンに向けての意気込みを明かした。

 19日に行なわれる開幕戦でフランクフルトは、ビーレフェルトと対戦する。堂安は先日開催されたDFBポカール1回戦で先発を飾っており、さっそく日本人対決が実現する可能性は高そうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「カマダは残る!」鎌田大地とフランクフルトの契約延長交渉がようやく決着へ。「すぐにサインするだろう」
武藤嘉紀がエイバルへ1年のレンタル移籍!スペイン1部でプレーする12人目の日本人選手に
「シーズンが終わるたびに『もう終わりだ』と」”ブンデス最年長”となる長谷部誠、新シーズンに臨む心境と引退後のビジョンを明かす
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「タキは“軽さ”がなくなった」南野拓実の“変貌”を英敏腕記者が評価!飛躍のカギとなるのは?【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ