田中碧の2得点、山村和也の見事なミドル!!川崎が大量5ゴールで広島に快勝

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年09月13日

広島は浅野のゴールで1点を返すも…

2ゴールを決めた田中(写真右)。快勝に貢献した。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1第16節]川崎5-1広島/9月13日/等々力

 J1の16節が9月13日に行なわれ、等々力陸上競技場では川崎と広島が対戦した。

 ともに前節から中3日のゲーム。公式戦4連勝中の川崎は、システムは変わらずに4-3-3で、GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、山村、車屋、中盤はアンカーに守田、インサイドハーフに田中、脇坂、3トップは右から旗手、L・ダミアン、齋藤の並びとなった。

 一方、リーグ連勝中の広島は3-4-2-1。GKは大迫、3バックは右から野上、荒木、佐々木、ボランチは川辺、青山、ウイングバックは右にハイネル、左に柏、2シャードは森島、D・ヴィエイラ、CFにL・ペレイラが入った。

  14分、ホームの川崎が早速、試合を動かす。右のCBジェジエウが旗手に縦パスを入れると、山根、田中とテンポよくつないで、エリア内に抜け出した田中がニアサイドを破る見事なシュートでネットを揺らした。ここ数試合はベンチスタートが続いていた田中のアピール弾で川崎が先制に成功する。
 
 その後も川崎がシュートまで持ち込むも、徐々に広島も後方からのロングフィードを活かして対抗。33分には野上のフィードにL・ペレイラが抜け出したシーンは川崎のジェジエウに阻まれるも、チャンスを作り始めてハーフタイムを迎えた。
 後半頭から川崎は三笘と大島を投入。すると、一気にリードを広げた。

 47分には三笘が左サイドから、得意のドリブルでふたりを抜いてクロス。ニアに走り込んだL・ダミアンが決めると、その3分後には再び三笘が相手エリア内でドリブルを仕掛けると、広島のクリアをゴール前中央で拾った山村がミドルを突き差してリードを3点に広げる。

 さらに51分には右サイドからの齋藤のクロスをゴール前に走り込んだ田中がトラップから流し込み、この日、2ゴール目を挙げた。

 そして88分には山根のクロスが佐々木の手に当たったとして、PKの判定。このPKを交代出場の小林が決めてチーム5点目をマーク。

 90分には広島の浅野が右サイドから切り込み、左足でゴラッソを決めるも、反撃はここまで。後半開始6分で3ゴールを奪った川崎が5-1で勝利し、公式戦5連勝(リーグ戦は4連勝)で、首位を快走している。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ