清水が抱える守備での集中力欠如…。大敗も指揮官は前半の出来に一定の手応え「内容がスコアに反映されていない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月10日

指揮官は相手の決定力の高さを称賛

4失点の大敗も、途中までの内容には一定の手応えも感じ取ったクラモフスキー監督。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ15節]広島4-1清水/9月9日(水)/エディオンスタジアム広島
 
 清水エスパルスは、連敗が続くなかでこの日も守備が崩壊し大量失点。泥沼の5連敗となった。
 
 サンフレッチェ広島のホームに乗り込んだ清水は、序盤こそしっかりとボールを収め再三好機を創出。さらに守備でも、ヴァウドのゴールライン上での決死のブロックなど、周囲との連携でカバーし合い、途中までは無失点に抑えていた。しかし、31分に先制点を奪われると失速。試合終盤に立て続けに3点を奪われ、終了間際にカルリーニョス・ジュニオの得点で一矢報いたものの1-4の大敗を喫した。
 
 試合後、ピーター・クラモフスキー監督は、「残念な結果だ」と肩を落としながらも、途中までの内容に関しては、一定の評価を示した。
 
「前半で0-1になってしまったのは非常に残念なところです。ただそのなかでも良い守備ができていたと思いますし、チャンスも作れていました。自分たちの内容がスコアに反映されていないと思いますし、試合をコントロールできていた部分もあった」
 
 試合の流れが変わる分岐点となったのは、1失点目だった。ペナルティエリア手前での相手のパス回しに翻弄され、最後は寄せが甘くなった隙をエゼキエウに突かれ、ミドルシュートを決められた。
 
「相手に2度ほどボックスの外から決められてしまった。相手を称えるべきところはしっかりとチャンスを決め切ったところだと思います」
 
 これで今シーズンの黒星は10。そのなかで3失点以上での敗北は6試合で、守備での集中力に課題が残る。指揮官も「90分間安定した戦いをしていかなければいけない」と今後に向けての改善点を挙げた。
 
 現在17位に沈む清水。次節は対照的に4連勝中と好調の鹿島アントラーズをホームに迎える。まずはなんとしてでも連敗をストップし、浮上のきっかけを掴みたいところだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】広島4-1清水|MOMはJ初弾のブラジル人アタッカー! 途中出場で勢いをもたらした3選手も高評価
【広島】「9か月間会えていない…」エゼキエウが愛する妻に捧げた来日後初ゴール! 最愛の人への想いを赤裸々告白
広島が2連勝で川崎戦へ弾み! 城福監督は強敵相手に強気の姿勢「首位を走り続けさせるわけにはいかない」
松井大輔が神様&キングとの超豪華3ショットを披露!「無駄な経験なんてない」ドイツW杯落選についても語る
クロップが見出した“最適解”で期待膨らむ! 南野拓実のリバプール2年目の「可能性」を最新序列から予想

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ