「クボを本当に見たい」元スペイン代表FWが久保建英をリーガの注目選手に選出!もうひとり挙げたのは…

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年09月08日

エトーは古巣への期待を口に

マドリーの大先輩でもあるモリエンテス(右)が久保に期待を寄せた。(C) Getty Images

画像を見る

 9月11日、2020-21シーズンのラ・リーガが開幕する。連覇を目指すジネディーヌ・ジダンのレアル・マドリー、リオネル・メッシの去就騒動で揺れたバルセロナ、そしてビジャレアルにレンタル移籍した久保建英など、見どころはたくさんだ。

 リーガのアンバサダーであるフェルナンド・モリエンテスは、その久保に大きな関心を寄せている。スペイン紙『As』によると、モリエンテスは新シーズンのリーガで注目の選手に、アトレティコ・マドリーのジョアン・フェリックスとともにこの日本代表MFの名前を挙げた。

「フェリックスはもっと安定のシーズンにできるかもしれない。クボは本当に見たいね。昨シーズンもすでに将来どんな風になれるかを垣間見せた」

【動画】「美しすぎる!」久保建英が決めた超絶ヒール弾はこちら
 また、同じくアンバサダーを務めるサミュエル・エトーは、チェルシー時代に一緒にプレーしたエデン・アザールに期待を寄せている。「メッシのレベル」とベルギー代表FWに大きな賛辞を寄せた。

 一方で、カメルーンのレジェンドは、古巣バルセロナのセルヒオ・ブスケッツにも期待しているようだ。「また素晴らしいブスケッツを、再び彼のベストを見たい」と話している。

「彼がベストのとき、バルセロナはいつもタイトルを獲得してきたんだ」

 エトーは「次のリーガ王者になる」とバルサの優勝を予想しつつ、メッシが残留したチームがかつてのスタイルを取り戻す選手を必要としていると指摘した。

「“息子”のメッシが残留したことはうれしいよ。でも、このチームの心臓には、ボックス・トゥ・ボックスではなくティキ・タカの、バルサスタイルの選手たちが必要だよ」

 一時代を築いたクラックたちが期待する選手たちは、新シーズンのリーガでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。幕開けは、わずか4日後に迫っている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ