ネイマールをチーム戦術に組み込んだトゥヘルの「功罪」――天才を獲得したのは何のためか?【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年09月07日

肝心な場面でエネルギーが不足

再三の決定機を決め切れず、コロナ中断明けのCL3試合は無得点に終わったネイマール。 (C) Getty Images

画像を見る

 パリ・サンジェルマンのネイマールが、バイエルンとのチャンピオンズ・リーグ決勝敗退(0-1)後に流した涙は、どれほど懸命にチームメイトとともに優勝を目指して戦っていたかを物語っていた。

 実際、ネイマールはリスボンでチームの一員としてプレーし続けた。これは、この異端児をプレッシングを軸とする要求度の高い戦術に組み込んだトーマス・トゥヘル監督の功績と言えるだろうか。たしかにあれほど走るネイマールも、あれほど後方から駆け上がって攻撃を仕掛けるネイマールも、あれほどチームメイトの動きに呼応してプレーするネイマールも見たことがない。

 ただ同時に、あれほどゴール前で決定機を外したネイマールを見たこともなかったのも事実だ。
 
 相手GKと対峙してチャンスを得た時、フィジカルをフレッシュな状態に保っていたほうが得点の可能性が高くなる。しかしリスボンでのネイマールは中盤の攻撃の組み立てに参加し、チェイシングに奔走し、ゴール前にたどり着くころには40メートルもの距離を駆け上がる必要があった。肝心な場面でエネルギーが不足していた面は否めなかった。

 戦術の進化に伴いチームプレーという名目のもとに、誰もが均等にハードワークをしなければならないという考え方が指導者の間で強迫観念のように定着しつつある。しかしそうしたフィジカル面での努力とは別に、クリエイティブ面での努力がもっと評価されてしかるべきだ。

 ネイマールのような天才を獲得するのは、監督が想像も及ばないようなイマジネーション豊かなプレーでチームを勝たせることを期待してのはずである。今後、指導者が掲げるべき理想は、圧倒的な個の力を持った選手を疲弊させることなくチームプレーに融合する戦術を構築することだろう。

文●ホルヘ・バルダーノ
翻訳:下村正幸

【著者プロフィール】
ホルヘ・バルダーノ/1955年10月4日、アルゼンチンのロス・パレハス生まれ。現役時代はストライカーとして活躍し、73年にニューウェルズでプロデビューを飾ると、75年にアラベスへ移籍。79~84年までプレーしたサラゴサでの活躍が認められ、84年にはレアル・マドリーへ入団。87年に現役を引退するまでプレーし、ラ・リーガ制覇とUEFAカップ優勝を2度ずつ成し遂げた。75年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では、2度のW杯(82年と86年)に出場し、86年のメキシコ大会では優勝に貢献。現役引退後は、テネリフェ、マドリー、バレンシアの監督を歴任。その後はマドリーのSDや副会長を務めた。現在は、『エル・パイス』紙でコラムを執筆しているほか、解説者としても人気を博している。

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙に掲載されたバルダーノ氏のコラムを翻訳配信しています。

【CL決勝PHOTO】パリSG0-1バイエルン|古巣・パリSGからコマンが決勝ゴール!史上初の全勝でCL制覇!

【PHOTO】悲願のCL優勝を決めたバイエルン・ミュンヘン! 歴史に名を刻んだV戦士を一挙に紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ