「本音はかなり誘惑された」パリSGのレオナルドSDがメッシ獲得に動いた舞台裏を語る「ベッカムでさえ…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月07日

パリSGはメッシ獲得に動いたのか?

バルサ退団騒動に揺れたメッシにパリSGの首脳陣はどのような想いを抱いていたのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間9月4日、アルゼンチン代表FWのリオネル・メッシは、スペイン版『Goal.com』のインタビューを通じて、「愛するクラブと裁判で争う気はない」とバルセロナ残留を明言。1週間以上に渡って世界を揺るがした去就騒動に、ひとまずケリをつける格好となった。

 騒動の最中には、様々なクラブから本人の下へ獲得の打診があったとされる。そのなかで、頻繁にメディアで名前が躍ったのが、莫大な資金力を持つパリ・サンジェルマンだった。

 では、実際、フランスの強豪は獲得に動いていたのか――。現地時間9月5日にフランス・メディア『Telefoot』の取材に応じたクラブの補強を統括するスポーツディレクターのレオナルドは、「彼の去就には翻弄された」と語っている。

「メッシが『去りたい』と言ったのを聞いた時、本音を言えば、我々はかなり誘惑された。自分自身にも『獲得できるのか?』と何度も問いかけたよ」

 それでもパリSGは、バルサの10番獲得には至らなかった。それはやはり7億ユーロ(約880億円)と言われる天文学的な契約解除金が障壁となったためのようだ。元ブラジル代表MFは、「今の経済的状況を考えると、難しかった」と認めている。

「正直言って、今の世界情勢的に完全に議論から外れた選手だった。この先がどうか? それは分からないよ。あのデイビッド・ベッカムもかつてはパリに来たんだからね。それがフットボールだ。誰もが交渉の席に座って、全てを知り、前進するものなんだ」

 来夏にはバルサとの契約満了を迎え、フリートランスファーで動けるようになるメッシだけに、買い手は引く手あまただが、パリSGは獲得に本腰を入れるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ