オルンガ不在も呉屋、江坂のファインゴールで柏が3試合ぶりの勝利! 清水、終盤の反撃及ばず4連敗…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月05日

柏が2つのファインゴールで前半で2点を先行

チームの2点目を奪った江坂。今季3得点目となった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは9月5日、各地で14節の9試合を開催。IAIスタジアム日本平では、清水エスパルス対柏レイソルの一戦が行なわれ、2-1で柏が勝利を収めた。

 3連敗中の清水は、前節・川崎戦の0-5での大敗ショックを払拭したい一戦。一方の柏は前節・鹿島戦で2得点のオルンガがベンチ外となった。

 試合はショートパスを主体に攻め込むアウェーの柏が主導権を握る。次第に両サイドを中心に敵陣深く攻め込むと、35分に先制点が生まれる。テンポのいいパス回しから左サイドに展開した柏は、三丸拡からのクロスに走り込んだ呉屋大翔がワンタッチで合わせ、ゴール右に流し込む。柏がリードを奪う。

 さらに38分、柏は前線からの清水のプレスをかいくぐり左サイドで起点を作ると、バイタルエリア中央でパスを受けた江坂任が強烈なミドルシュートを叩き込み、リードを広げる。柏が2-0として前半を折り返した。
 
 迎えた後半は一進一退の攻防となるが、63分に柏は守護神の日本代表GK中村航輔が負傷退場。代わって滝本晴彦が投入される。

 終盤にかけて清水が猛攻を仕掛けるが、GK滝本の好守などで柏が凌ぎ続ける展開に。すると90分、カルリーニョス・ジュニオのヘディングシュートで清水が1点差に迫る。しかし反撃もここまで。試合は2-1でタイムアップ。柏が3試合ぶりの勝利を収めた。

 柏は勝点を23に伸ばしている。一方の清水は4連敗となり、勝点は9にとどまっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ