「法廷で争いたくなかった…」メッシが今夏のバルサ残留を明言! バルトメウ会長への不満も吐露

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月05日

「とくに会長に去りたいと言った」

バルサ残留を明言したメッシ。 (C) Getty Images

画像を見る

 約1週間に渡ってサッカー界の話題を独占してきたリオネル・メッシの去就問題に、答えが出た。

 現地時間9月5日、メッシは自らバルセロナに残留すると明言した。地元紙『Mundo Deportivo』をはじめとする複数のスペイン・メディアが一斉に報じている。

 8月25日にメッシがバルセロナに書面で一方的にトランスファーリクエストを送りつけ、端緒が開かれた今回の去就騒動。親友のルイス・スアレスが構想外になったことなどにより、これまでも不信感を抱いていたジョゼップ・マリア・バルトメウ会長ら上層部に対して、アルゼンチン代表FWの怒りが沸点に達した。

 現地時間9月2日には、代理人でもある父親のホルヘ氏とエースを留めたいクラブが協議したものの交渉は平行線を辿り、両者の立場は変わらずじまい。結局、メッシは21年6月の契約満了を待ってフリーでクラブを去る決断を下したようだ。

 スペイン全国紙『Marca』によれば、全世界に公開されたインタビューでメッシは次のように語ったという。
 
「僕は決して幸せではなかったし、去りたいと思った。バルセロナは僕の人生のクラブだ。だから決して法廷に持ち込みたくはなかった。もしもそれが唯一の道だというのなら、僕は残る」

 バルサ残留を決めたメッシは、さらにこう続けている。

「僕はクラブ、とくに会長に去りたいと告げた。彼らは昨シーズンの初めからそれを知っていた。本当のところを言えば、このクラブにはプロジェクトがないんだ。彼らは問題が発生した時に穴を塞ぐことしかしない。ただ、僕は人生のクラブと戦争などしたくはない。決してね。だから、僕は残る」

 はたして世界の注目を集めた大騒動はこれで終息へ向かうのか。上層部への不満をぶちまけたメッシ。その言葉を聞くかぎり、クラブとの溝は埋まっていないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ