「お金が全てではない」悩めるメッシに送るアルゼンチンの名伯楽ビアンチの“金言”「彼自身の決断で…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月30日

シティやパリSG行きが囁かれる

バルサとの決別を決めたとされるメッシに送られた、先達からの金言とは? (C) Getty Images

画像を見る

 バルセロナの大黒柱が大きな動きを見せようとしている。リオネル・メッシだ。

 現地時間8月25日、書面でクラブに退団の意思を伝えたという衝撃のニュースが駆け巡って以降、サッカー界の話題を独占しているメッシ。29日には、地元カタルーニャのラジオ局『RAC1』が、8月31日のプレシーズントレーニングへの参加を本人が拒否したと報じており、強硬手段も辞さない構えだ。

 恩師ジョゼップ・グアルディオラが率いているマンチェスター・シティ、そして圧倒的な資金力を誇るパリ・サンジェルマンなどが新天地の候補に挙がるなか、一体どのような決断を下すのか。

 そんななか、アルゼンチン人指揮官のカルロス・ビアンチが、後輩の退団騒動について言及した。
 
 現役時代にパリSGや母国の古豪ベレスで活躍し、引退後は監督としてボカ・ジュニオルスを3度のコパ・リベルタドーレス制覇に導いたアルゼンチン・サッカー史に残る名伯楽は、地元ラジオ番組『Velez670』で悩める後輩にアドバイスを送った。

「リオネル・メッシは私が見た中でも史上最高の選手だ。だが、我々は彼が33歳だということを忘れてはいけない。彼が快適に感じ、健康的にも良い場所に、彼自身の決断で行かせるべきだと思う。お金が全てではない」

 現役時代に5度のリーグ・アン得点王となるなど、スターとしての苦しみを理解するビアンチは、自らの経験則からこうも語った。

「私がフランスからアルゼンチンに戻る時、ボカとリーベルは多くのお金を提供しようとしていた。だが、私はベレスに戻った。それはここに戻りたいと思ったからだ。そうやって決めるべきなんだ」

 様々な憶測が飛び交っているなか、アルゼンチン代表の10番は、同胞のレジェンドからの言葉をどう受け止めるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ