「この日本人を売りに出せれば…」サラゴサは香川真司の放出を“歓迎”? 地元メディアが挙げた移籍先候補は――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月29日

「浮いた分で新たなチームを作り出そうとしている」

1年目はインパクトを残せなかった香川の動向は現地でも注目を集めている。 (C) Rafa HUERTA

画像を見る

 スペインでの1年目を終えたサムライ戦士が、早くも岐路に立たされている。サラゴサに所属する香川真司だ。

 昨夏にドルトムントから鳴り物入りで加入した日本代表MFは、しかし公式戦34試合に出場して4ゴール・2アシストと期待に見合った結果を残せず。昇格プレーオフでは孤軍奮闘したが、チームを6年ぶりのトップリーグへは導けなかった。

 香川はサラゴサと21年6月まで契約を結んでいるが、高額なサラリーの問題からその去就は不透明なままだ。今月20日にサラゴサの新指揮官に就任したルベン・バラハ監督は会見において、「カガワは素晴らしい選手」と重要な戦力であることを強調したが、残留が決定したわけではない。

 地元メディア『El Desmarque』は現地時間8月27日、「カガワの未来は不確かで、海外からもオファー」と銘打ち、香川の去就について特集した。

「1部に上がれないということは、チームを操舵するための自由が少なくなることと一緒で、戦力は多少なりとも削らなければならないだろう。シンジ・カガワも放出候補の一人だ。

 いま、彼の代理人の下にはいくつかのクラブからオファーが舞い込んでいて、実際に移籍に向けての動きはある。2部での戦いが続いたことで、サラゴサにとっては、その高すぎる給与は払いきれないのだ」
 
 金銭面の問題を指摘した同メディアは、香川に「最も興味を示している」としてサウジアラビアとカタールのクラブとの接触を明らかにしたうえで、「サラゴサもカガワの移籍を歓迎する」と綴っている。

「クリスチャン・ラペトラ会長をはじめとするサラゴサの上層部は、カガワの去就を軽視してはいない。仮にこの日本人を売りに出せれば、クラブは約50万ユーロ(約6250万円)を浮かせられる。それは2部クラブではほぼ上限に近い金額であることは言うまでもない。サラゴサは、その浮いた分で新たなチームを作り出そうとしているのだ。カガワにとっても、クラブにとっても、この1か月は勝負になるだろう」

 一部ではJリーグへの電撃復帰や1部昇格を決めた岡崎慎司擁するウエスカへの移籍も囁かれている香川。その動向は大きな注目を集める。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ