「この日本人を売りに出せれば…」サラゴサは香川真司の放出を“歓迎”? 地元メディアが挙げた移籍先候補は――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月29日

「浮いた分で新たなチームを作り出そうとしている」

1年目はインパクトを残せなかった香川の動向は現地でも注目を集めている。 (C) Rafa HUERTA

画像を見る

 スペインでの1年目を終えたサムライ戦士が、早くも岐路に立たされている。サラゴサに所属する香川真司だ。

 昨夏にドルトムントから鳴り物入りで加入した日本代表MFは、しかし公式戦34試合に出場して4ゴール・2アシストと期待に見合った結果を残せず。昇格プレーオフでは孤軍奮闘したが、チームを6年ぶりのトップリーグへは導けなかった。

 香川はサラゴサと21年6月まで契約を結んでいるが、高額なサラリーの問題からその去就は不透明なままだ。今月20日にサラゴサの新指揮官に就任したルベン・バラハ監督は会見において、「カガワは素晴らしい選手」と重要な戦力であることを強調したが、残留が決定したわけではない。

 地元メディア『El Desmarque』は現地時間8月27日、「カガワの未来は不確かで、海外からもオファー」と銘打ち、香川の去就について特集した。

「1部に上がれないということは、チームを操舵するための自由が少なくなることと一緒で、戦力は多少なりとも削らなければならないだろう。シンジ・カガワも放出候補の一人だ。

 いま、彼の代理人の下にはいくつかのクラブからオファーが舞い込んでいて、実際に移籍に向けての動きはある。2部での戦いが続いたことで、サラゴサにとっては、その高すぎる給与は払いきれないのだ」
 
 金銭面の問題を指摘した同メディアは、香川に「最も興味を示している」としてサウジアラビアとカタールのクラブとの接触を明らかにしたうえで、「サラゴサもカガワの移籍を歓迎する」と綴っている。

「クリスチャン・ラペトラ会長をはじめとするサラゴサの上層部は、カガワの去就を軽視してはいない。仮にこの日本人を売りに出せれば、クラブは約50万ユーロ(約6250万円)を浮かせられる。それは2部クラブではほぼ上限に近い金額であることは言うまでもない。サラゴサは、その浮いた分で新たなチームを作り出そうとしているのだ。カガワにとっても、クラブにとっても、この1か月は勝負になるだろう」

 一部ではJリーグへの電撃復帰や1部昇格を決めた岡崎慎司擁するウエスカへの移籍も囁かれている香川。その動向は大きな注目を集める。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「声、可愛すぎるやろ」久保建英のアニメソング熱唱に同僚たちが大爆笑!まさかの姿にファン反響「これは永久保存版」
テネリフェ戦の久保建英をビジャレアル番記者はどう評価した?「不甲斐ないチームとともに課題が残る。ただ…」【現地発】
「カガワは素晴らしい選手」サラゴサ新監督は香川真司の必要性を強調! SDは「断れないオファーが来れば…」
迷走するバルサ、グリエーズマンの仰天トレードを進めていた事実が判明!交換相手はまさかの…
「失望をもたらした」ポルトで練習離脱が続く中島翔哉の現状に地元紙が嘆き「明らかに困難な状態に…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ