【鹿島】内田篤人が引退、広瀬陸斗が右足負傷…懸念の右SBで先発起用されるのは誰だ!?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年08月24日

広瀬の怪我は「時間がかかるかもしれない」

内田(2番)の引退試合で広瀬(22番)が負傷交代。右SBは一気に不安なポジションに。中2日で迎えるFC東京戦でザーゴ監督は誰を先発で起用するか。写真:滝川敏之

画像を見る

 内田篤人の“現役ラストマッチ”となった前節のG大阪戦で、広瀬陸斗が“負傷交代”。ふたりがしのぎを削っていた右SBは、一気に不安なポジションとなった。

 中2日でFC東京戦が控えている。誰を起用するかについてザーゴ監督は「早期の決断をしなくてはいけない。その難しさはある」と考えを述べる一方で、候補者については次のように話す。

「本職の伊東(幸敏)選手がいますし、右SBでプレー実績のある(ボランチの)永木(亮太)選手や小泉(慶)選手がいる。そのなかでよりよい選択ができればと思っている」

 ともにハードワークをこなし、球際でタフに戦える同タイプの永木、あるいは小泉か。それとも今季まだリーグ戦では出場のない伊東の大抜擢もあるか。

 ちなみに、右太腿を痛めた様子の広瀬の負傷状況についてもザーゴ監督に訊けば、「検査は明日やる予定で、その後の評価になる」とのこと。もっとも、「担架で運ばれて、本人に聞いたら強い痛みを感じたとのことで、時間がかかるかもしれない」と推測する。

 広瀬はここまで右SBの一番手として奮闘を続け、得意のクロスなどで3アシストを記録。攻守両面で頼りになる存在だけに、早期回復を祈りたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】惜しまれながらもラストマッチを終えた内田篤人!アップからセレモニーまでたっぷりと!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ