「長友さんもやってるけど…ユーチューバーにはならない(笑)」内田篤人が考える今後の進路と地元静岡への想い

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月24日

「サッカーを辞めただけなので、そんな大騒ぎしないで欲しい」

ラストマッチでは試合終了の瞬間までピッチでプレーした内田。写真:滝川敏之

画像を見る

 昨日のJ1リーグ12節、ガンバ大阪戦をもって現役を引退した鹿島アントラーズの内田篤人は、ラストマッチから一夜明け、オンライン上で引退会見を行なった。

「昨日スタジアムで話したことがほとんどなので、僕から何とかということはほとんどありません」と語りながらも、多くの質問に一つひとつ丁寧に答えていった。

 強化部へ引退の話をしに行ったのはルヴァンカップ・グループステージ第3節の清水エスパルス戦の後だったという。奇しくも静岡県出身、清水東高を出て鹿島に加入した内田にとって、地元での凱旋試合を行なった後のことだった。

「日本平でプレーするときはいつも裏切り者と言われましたが、僕が引退を決めたというか…最後は日本平で自分の地元でやれたので、なにか縁があるのかなと思います。サッカー王国と言われている地域ではありますけど、いろんな先輩方の影響を受けながら、自分もサッカーをしてこれた幸せというのはすごく多く感じています。ただ、サッカーを辞めただけなので、そんな大騒ぎしないでほしいなという気持ちもあります」

 日本を代表する右サイドバック(SB)が誕生したのもその高校時代だった。

「高校時代なので、SBにコンバートされたというか、ホワイトボードのマーカーがSBの位置になっていて、点が取れないから僕はこれからこの位置でプレーするんだなと最初はそんな印象でした。やっているうちに面白いポジションで、誰でもできるけど、案外難しくて。僕には合っていたのかなと思います。外から見る感じだったり、少ない選択肢のなかでゴールに繋げる、チョイスしていくというのが自分には合っていたのかなと思います」とSBへの愛着を語る。

「先生に関しては、きっとプロサッカー選手になる前にも大事な人に巡り合うことがあるんだと思うんですけど、僕はそれが梅田先生(当時の清水東高・梅田和男監督)で、家も遠かったんで、毎朝始発で通っていました。本当に理不尽な練習ばかりでしたけど、例えばコーナーフラッグからコーナーフラッグまでスプリントしてクロスを上げるみたいな。今じゃもうできませんけど。そういう“ザ・高校サッカー”みたいな練習が僕には合っていたんだなと思います」と当時を懐かしんだ。
 
 引退を決断することになったヒザの怪我については、「ある程度感情を入れずに、リハビリをしていた時もありましたけど、応援してくれた皆さんもいますし、ただ単に仕事でもありますし、契約上まっとうしたいという気持ちが凄く強かったです」と懸命にリハビリに努め、壁を乗り越えて最後の試合出場まで漕ぎつけた。

「(ケガしていなかったらというのは)考えたことがない。ヒザと付き合ってサッカーを続けてきたし、無理をしたからここまで続けてこれたと思う。無理をしてこなかったらシャルケにも行けなかったと思いますし、鹿島でもこういう風に送り出してもらえなかったと思います。自分の限界だったなと思います」と振り返った。

 気になる今後については、「ユーチューバーにはならないですね。長友さんとかやってますけど、僕はならないですね。あとはいろんな選択肢があると思いますけど、まだ一つ二つに絞るの早いかなと思うので、いろんな選択ができるように、少しずつこう、仕事をチョイスするというか、どこにでも行けるような仕事を選んでいきたいかな。具体的にはまだ決まってないですけど、サッカーしかないというよりは、サッカー以外のことでやれて行く自信がないので、何かできればなと思っています」と明るく語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】惜しまれながらもラストマッチを終えた内田篤人!アップからセレモニーまでたっぷりと!

【PHOTO】引退を表明した内田篤人の華麗なるキャリアを厳選フォトで!

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【PHOTO】「Jリーグ歴代最強チーム」はどれだ!?|2009年鹿島アントラーズの特選フォトはこちら!

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!

 
【関連記事】
「サッカー選手として終わったんだと…」内田篤人が引退セレモニーで決断の真意を明かす。「また会いましょう」
「マジ寂しいわ」昌子源が“偉大なる先輩”内田篤人への熱き想いを吐露!「まだできるんじゃないかと…」
【鹿島】内田篤人の引退で試合後インタビューはみなが号泣!ザーゴ監督&通訳、劇的同点弾の犬飼智也も「成長した姿を見せたい」
内田篤人がサッカー界で本領を発揮するのはむしろこれから? 本質を見抜く目に、日本人最高レベルの経験値も
【番記者コラム】内田篤人のずるい“タメ口”。雄弁に語るトッププレーヤーのゆえん

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ