「呆然と涙を…」CL決勝で主役になり切れなかったネイマールが“悔し泣き”! 「現実を受け止めきれない」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月24日

様々な感情がこみ上げて…

ベンチに腰掛けて人目をはばからずに涙を流したのが、ネイマールだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 バイエルン・ミュンヘンとの頂上決戦に屈したセレソンの10番は、人目をはばからずに大粒の涙を流した。

 現地時間8月23日にポルトガル・リスボンのスポルト・リスボア・ベンフィカで行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝は、バイエルンが、パリ・サンジェルマンに1-0で勝利。7シーズンぶり6度目の戴冠を果たした。

 クラブ創設50年目で初のビッグイヤー獲得に迫ったパリSG。だが、ネイマールやキリアン・エムバペら自慢の攻撃陣が、守護神マヌエル・ノイアーを中心としたドイツ王者の牙城を打ち崩せずに完封負けを喫した。

 好ゲームを演じながらも、最終的には地力の差を見せつけられ、悔しさがこみ上げたのかもしれない。試合終了後、相手守備陣にほぼ完璧に抑え込まれてしまったネイマールは、目頭を押さえて、ピッチ上で涙を流したのだ。

 仲間に支えられて、ベンチに戻ってからも、3冠達成に歓喜するバイエルンの面々を目にしながら悔し泣きを続けたネイマール。その表情からは、この試合を最後に退団が濃厚の同胞CBチアゴ・シウバに対する想いなど様々な感情が読み取れた。
 
 エースの涙は、フランス・メディアにも反響を及ぼしている。

 地元紙『Le Parisien』が「落胆した“パリジャン”。試合で沈黙したネイマールは、レオナルドに慰められるも、呆然と涙を浮かべながらピッチを眺めるのが精一杯だった」と綴れば、全国紙『Le quipe』は、「ネイマールの涙」と銘打った記事で、次のように記した。

「バイエルンに敗北し、その現実を受け止めきれないブラジル人は、とてもエモーショナルな感情に駆られて、涙を流した。彼は仲間に支えられてピッチを去ってからも、ベンチで悔しさを募らせた」

 自身のキャリア2度目のCLファイナルで、辛酸を舐める結果となったネイマール。来る新シーズンにリベンジの機会はやってくるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【CL決勝PHOTO】パリSG0-1バイエルン|古巣・パリSGからコマンが決勝ゴール!史上初の全勝でCL制覇!

【PHOTO】悲願のCL優勝を決めたバイエルン・ミュンヘン! 歴史に名を刻んだV戦士を一挙に紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ