ピルロ体制発足のユーベ、大物ふたりの去就はどうなる? 不透明のイグアインは「僕は裏切り者じゃない」と…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月19日

ディバラ代理人は残留を強調

ユーベを支えてきたディバラ(左)とイグアイン(右)の去就が注目されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ準々決勝でリヨンに敗れた直後、ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長は、クリスチアーノ・ロナウドが「大黒柱」だとして、噂になった移籍の可能性を否定した。

 C・ロナウドが残留するとなれば、俄然、気になってくるのが、来シーズンのユベントスの前線の顔触れだ。とりわけパウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインの去就は注目度は高まっている。

 2019-20シーズンのセリエAのMVPに選ばれるなど、スクデット9連覇に大きく貢献したディバラだが、昨夏に続いて再び放出の可能性が取りざたされている。新型コロナウイルスで経済的な打撃を受けたクラブにとって、巨額の移籍金を見込める数少ない選手のひとりでもあるからだ。

 だが、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、ディバラの代理人であるホルヘ・アントゥン氏は、「この数日、完全に間違えた報道を目にした」と強調している。

「ディバラはユベントスの選手であり、それで彼は幸せだ。クラブとは延長に向けて取り組んでいる」

 このコメントを受け、『Gazzetta dello Sport』は、ディバラの周辺からは、他クラブからのオファーや戦略の変更がなく、ユベントスとの契約延長が優先との情報が届いていると伝えた。

 一方、契約が残り1年となり、高額サラリーもあって、クラブが放出を望んでいると言われるイグアインは、去就に関して明言を避けている。『Gazzetta dello Sport』によると、元アルゼンチン代表FWは『Fox Sports』で「24日にユベントスとの練習に戻る」と話したという。

「契約はあと1年ある。それから新しい監督とどうなるかを見てみよう。状況が異なることは確かだからね。MLS?多くの選手が行っているし、素晴らしいんだろうね。でも、今はユベントスの選手だ。様子を見よう」
 
 この2シーズンは決して満足のいく出来ではなかったイグアインだが、「ナポリを離れたことはまったく後悔していない」と強調している。

「僕は裏切り者ではない。より向上し、幸せでいるために、キャリアでそういう選択もするものだ」

 ただ、ナポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリは、1年でユベントスの監督を解任された。ディバラもサッリの下で復調しただけに、指揮官の退任を残念に思っていると言われる。

 ユーベが新たに選んだのは、指導者経験のないOBのアンドレア・ピルロだ。稀代の司令塔だった新米監督の構想に、はたして、ディバラとイグアインは含まれているのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ