首位長崎に生まれたエアポケット…痛恨の失点シーンに手倉森監督「今日は学んだのだと思う」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月16日

「出たか出ないかというところで、結局出たと思ったら…」

痛恨の失点によって敵地で敗れた長崎。中2日の千葉戦で巻き返せるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2リーグ]山形1-0長崎/8月16日(日)/NDスタ

 首位のV・ファーレン長崎が一瞬の隙を突かれて失点を許し、敵地で完封負けを喫した。

 後半立ち上がりの49分だった。ホームのモンテディオ山形が攻勢に出ると、左タッチライン際の攻防で長崎の選手たちはボールがラインを割ったと判断。しかし、プレーはそのまま続行され、ボールをつないだ山形は左サイド深い位置から加藤大樹がクロスを供給すると、これに南秀斗が頭で合わせてネットを揺らす。結局、これが勝負を決める1点となった。

 長崎とすれば、まさに“エアポケット”のような一瞬の隙を突かれて喫した悔やまれる失点だろう。試合後、手倉森誠監督はインタビューに応え、「出たか出ないかというところで、結局出たと思ったら、出てなくて。連戦の中でああいう隙のようなポケットができてしまうと、こういう失点の仕方をしてしまう。今日は学んだのだなと思う」と痛恨の失点を振り返り、今後の糧とすることを胸に刻んだ。

 また一方で、攻撃面でも長崎は山形の堅守を崩しきれなかった。指揮官は「攻撃でボールを握っていて、失った後の奪い返しに行くパワーとか、仕掛ける時のリズムチェンジでギアを上げるところは連戦の中で求めるのは酷だが、工夫しなければいけない」と、無失点に終わった攻撃面での停滞を指摘した。

「相手のサポーターの後押しに、我々のギアが上がらなかった」とゲームを総括した手倉森監督。2位に浮上した北九州には勝点1差にまで追い上げられているが、「変わらず首位にいるので、この座を明け渡すことなく進むだけだとチームには話をしている」と冷静に現状を見据える。

「中2日の次のホームで勝つことで今日の負けを取り返せることにつながる」と、19日に行なわれるホームでの千葉戦に照準を合わせた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J2第12節PHOTO】山形1-0長崎|南がワンチャンスを決めた!首位相手に虎の子1点を守り切り山形今季初連勝!
【関連記事】
【J2】首位長崎が山形に敗戦、前節2位の徳島が甲府とドローで混戦模様に拍車。6連勝の北九州が勝点1差の2位に浮上
首位長崎が敗れて今季2敗目、北九州と勝点1差に…山形が南の決勝ヘディング弾で今季初の連勝!
【J2】日程・結果
甲府が内田のヘディング弾で先制もPKで失点し1-1の痛み分け。 主導権を握った徳島は勝ちきれず…連勝は3でストップ
【徳島】「あのようなボールは常に狙っている」途中出場で貴重な同点弾! FW垣田裕暉が明かすPK奪取の舞台裏

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ