【徳島】「あのようなボールは常に狙っている」途中出場で貴重な同点弾! FW垣田裕暉が明かすPK奪取の舞台裏

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月16日

積極的な前からのプレスがPKに繋がる

垣田が自ら奪ったPKをしっかり決めて徳島に勝点をもたらした。写真:田中研治

画像を見る

[J2リーグ12節]甲府1-1徳島/8月16日(日)/山梨中銀スタジアム
 
 先制される展開も、FW垣田裕暉の積極的な前線でのプレスがPKに繋がり、徳島ヴォルティスがなんとか勝点1をもぎ取った。
 
 試合は徳島が立ち上がりからボールを握り、優位な展開で進めた。しかし、前半終了間際の42分に左サイドから一瞬の隙を突かれ、相手に先制を許してしまう。それでも58分に投入された垣田が、敵陣深くでの浮き球に対する相手DFの判断ミスを見逃さずボールを奪い、ペナルティエリア内に進入して倒されるとPKを獲得。自らキッカーを務めて冷静にゴール左に沈め、自身今季6ゴール目となる得点で同点とした。
 
 貴重な同点ゴールを挙げた垣田は試合後のフラッシュインタビューに応じ、PKを奪ったシーンでのDFとの駆け引きを次のように説明した。
 
「裏にパスが抜けた後に、(ボールが)高くバウンドして、あのようなボールは常に狙っているので、取った後に身体が入れ替わって、後ろから倒されました」
 
 その後、ゆっくりとした助走から冷静に右足で決めて貴重な同点ゴールを挙げた。そのPKについては、「キーパーが動くのが見えたので逆に蹴るだけでした」と明かし、重圧がかかる場面でのメンタルの強さを覗かせた。
 
「今回は引き分けという形になってしまいましたが、次の試合はしっかり勝てるようにまた中2日ですが良い準備をして臨みたい」と力強く意気込みを語った垣田。次節は真夏の5連戦の4戦目。中2日でホーム・ファジアーノ岡山戦を迎える。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J2第12節PHOTO】甲府1-1徳島|甲府が内田のヘディングで先制するも徳島がPKで追いつき痛み分け

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ