甲府が内田のヘディング弾で先制もPKで失点し1-1の痛み分け。 主導権を握った徳島は勝ちきれず…連勝は3でストップ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月16日

徳島はポゼッションで大きく上回るも…

甲府が先制も徳島にPKで同点ゴールを許し、1-1の痛み分けとなった。写真:田中研治

画像を見る

 J2リーグは8月16日、各地で第12節の8試合を開催。山梨中銀スタジアムでは、ヴァンフォーレ甲府対徳島ヴォルティスの一戦が行なわれ、1-1のドローで勝点を分け合った。
 
 前節アウェーで初勝利を挙げ勢いに乗りたい甲府が、3連勝中と波に乗る徳島をホームに迎えた一戦は、立ち上がりから徳島がボールを握る。最終ラインからしっかりとパスを繋ぎ、中央、サイドと多彩な攻撃で相手ゴールに迫る。
 
 一方で甲府は、1トップを務める長身のハーフナー・マイクへのロングボールを多用し、一発を狙う。
 
 圧倒的なポゼッションで試合を優位に進める徳島だったが、相手のコンパクトな守備に苦戦し崩し切れずシュートまでいけない。それでも23分、ジエゴが自陣から相手DFの背後を狙うロングパスを供給。これに反応した河田篤秀が巧みな胸トラップで抜け出し決定機を迎えるも、右足のシュートはGKに阻まれる。
 
 ホームチームは守勢に回る苦しい展開となっていたものの、少ない好機をモノにする。42分、泉澤仁が敵陣の左サイドでボールをキープすると、相手の隙を突く鋭いクロスを上げる。これにニアで反応した内田健太が巧みに頭で合わせ貴重な先制点。甲府の1点リードで前半を折り返す。
 
 ビハインドを負った徳島はハーフタイムに石井秀典と渡井理己を投入。後半も攻勢を強める相手に対し、甲府は全体的に引いてしっかりとブロックを敷き、最終局面で自由を与えない。
 
 しかし72分に、武田将平がペナルティーエリア内で垣田裕暉を倒してしまい、PKを与えてしまう。これをキッカーの垣田が冷静にゴール左に沈め振り出しに戻される。
 
 その後は勢いを取り戻した徳島の猛攻を受けるも、最後まで粘り強く守り抜き、1-1の痛み分けとなった。甲府は7試合負け無し、徳島は連勝を3でストップした。
 
 次戦は19日にともにホームで甲府が愛媛と、徳島は岡山と第13節を戦う。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J2第12節PHOTO】甲府1-1徳島|甲府が内田のヘディングで先制するも徳島がPKで追いつき痛み分け
【関連記事】
【徳島】京都橘高の“万能型ストライカー” 西野太陽が来季加入内定!「プロサッカー選手として戻ってこられた…」
【甲府】山口戦で浮かび上がったストロングポイントと課題。“外国人頼み”のチームに必要な改善策は?
【札幌】「個人だけを見たら全然札幌の方が強い」荒野拓馬が感じた首位・川崎とのチーム力の差は?
柿谷曜一朗が挙げる天才たち「イニエスタと小野さんは別格として、1位は…」
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ