「前例のない屈辱」「地獄に落ちた」歴史的大敗を喫したバルサをスペイン紙が酷評!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月15日

前半だけで4失点

まさかの大敗を喫したバルサ。頼みのメッシも不発に終わった。(C) Getty Images

画像を見る

 まさに衝撃的な敗戦だった。

 現地時間8月14日に行なわれたチャンピオンズ・リーグの準々決勝で、バルセロナはバイエルンに2-8の大敗を喫した。開始早々の4分にトーマス・ミュラーにゴールを許すと、前半だけで4失点。後半も63分にヨシュア・キミッヒに5点目を許した時点で集中力が切れ、ゴールラッシュを許した。

 なす術なくドイツ王者にねじ伏せられたバルサに、母国スペインのメディアも辛辣だ。
 
『MARCA』紙は「前例のない屈辱」と見出しを付け、「バイエルンがバルサの欧州における最大の敗北をもたらした」と綴った。

 さらに「悪意のあるスタッフがいるため、緊急の変化が必要」と指摘。今年1月のエルネスト・バルベルデからキケ・セティエンへの監督交代を「説明するのが難しい」とし、昨今の補強に関しても「注目を引くための署名」と糾弾した。

 そして、「大幅な刷新が必要だが、9月まで時間がないため、サイクルの終焉を迎えるかもしれない」と締めくくっている。

 また同じく全国紙の『AS』も「地獄に落とされたバルサ」とのタイトルでこの一戦をレポート。「バイエルンによって、チームは崩壊し、屈辱を与えられた」「最初の1分から歴史的な大災害が発生した」と酷評した。

 無冠に終わったバルサは、この窮地からチームを立て直せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ