【G大阪】衝撃の2発デビュー! 17歳唐山翔自が示した末恐ろしい大器ぶり。「自分、持ってるなぁと思いました」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月13日

お気に入りは2点目。「自分のなかでも難しいシュート」

トップデビューの湘南戦で2得点と気を吐いた唐山。G大阪アカデミー出身者の偉大な系譜にその名を連ねる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ガンバ大阪の超新星、唐山翔自(とうやま・しょうじ)が鮮烈のトップデビューだ。

 水曜日に行なわれたルヴァンカップ・グループステージ第3節、湘南ベルマーレ戦。第2節を終えてすでに敗退が決まっていたG大阪は、J3を戦うU-23チームの選手を軸に遠征メンバーを構成し、この日に臨んだ。そのゲームで先発に抜擢されたのが、今季開幕前に飛び級でプロ契約を結んだ高校3年生だった。

【動画】17歳唐山が鮮烈の2発! 湘南対G大阪戦のハイライトはこちら!

 昨季のJ3で10戦8発、今季のJ3でも9戦4発と猛威を振るう万能型FW。昨年9月のJ3第21節・福島ユナイテッド戦で3得点をマークし、Jリーグの最年少ハットトリック記録(16歳と345日)を塗り替えた“U-23のエース”が、満を持してトップデビューを果たしたのである。

 そのパフォーマンスは圧巻だった。まずは12分、山本悠樹が放ったインスイングのFKに対して、ファーから鋭く抜け出すと、難しいバウンドのボールを見事に頭で合わせて先制。さらに同点とされて迎えた34分にも非凡な決定力を見せつける。奥野耕平のパスに抜け出した高木大輔がグラウンダーのパスを中央へ供給し、唐山がこれをしっかりと左足でインパクトして2点目をゲットした。

 後半は湘南の猛攻に晒されながらも、G大阪はリードを守り切って2-1で勝利。唐山はJ3から中2日のハードスケジュールながら、90分フルタイムを走り抜いてみせたのだ。
 
 試合後、報道陣の取材を受けた唐山は、17歳とは思えない堂々たる受け答えでインプレッションを明かした。「まさかデビュー戦で2点取れるとは思ってなかったので嬉しいです。自分、持ってるなぁと思いました」とはにかみながら、2ゴールを冷静に振り返っている。

「(1点目は)いつもあそこ(ファー)に入るのは自分で決めていて、悠樹さんのインスイングのボールなら絶対に流れてくるなと思ってたんで、思い通りに決めれました。でも自分としては、2点目が気に入ってますね。大輔くんからのボールをちょっと相手が触ってバウンドが変わるなかで、しっかりボールを足に当てれた。自分のなかでは難しいシュート。練習の賜物かなと思います」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ