【川崎】3戦連発の絶好調男、三笘薫が見据える高み。「自分のプレーはまだまだ改善できる!」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月13日

2度に渡る同点弾で前回覇者の窮地を救う

これで公式戦3戦連発。ルーキー三笘が止まらない! 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ルヴァンカップ・Aグループの最終節は、ともに2連勝の名古屋グランパスと川崎フロンターレの直接対決となった。勝利すればもちろんトップ通過。一方で引き分けたとしても名古屋の勝点は7に伸び、各グループの2位チームで最多勝点となる。揃って次のステージ進出が決まるというシチュエーションだ。

 そんな一戦は、大方の予想を裏切るように開始1分でゴールが生まれ、激しい撃ち合いとなった。ほぼベストメンバーで臨んだ両チームは球際でも激しくぶつかり、71分には大島僚太が2枚目のイエローカードで退場となる波乱の展開に。それでも最終スコアは2-2のドロー決着で、両チームのグループステージ突破が決まった。

【動画】三笘薫の2度に渡る同点弾!名古屋戦のハイライト

 ホームの名古屋に先行される苦しい展開のなか、2度に渡って同点ゴールを叩き込んでチームを救ったのが三笘薫だ。

 試合後のインタビューで得点シーンを振り返り、「1点目はこぼれ球に対して良い位置にいたんで、運も良かったです。2点目は、(大島)僚太くんがクロスを上げてくれた。本当に良いボールで合わせるだけでした。僚太くんのボールに感謝しています」と話し、「裏のスペースというのは監督にも言われていますし、常に狙っているところ。いるべきところに居た結果がゴールに繋がって良かったです」と付け加えた。
 
 川崎のアカデミー出身で、筑波大を経て今季加入したルーキーは目下絶好調だ。J1第7節の湘南ベルマーレ戦で初ゴールを記録すると、その後の公式戦5試合で5得点。ここ3試合で3連発と好調のチームを支える原動力となっている。

「今日も味方に助けてもらっていることが大きいですが、上手く3戦連続でゴールできているので、これを続けていきたい」とさらなる飛躍を誓う。

 大会方式の変更により、この後は1発勝負のトーナメントに突入する。

「ルヴァンは勝ち進むことが大事なので、それが達成できて良かったですけど、最初の立ち上がりの失点ももったいないですし、勝つためにやっているので、(引き分けに終わったのは)すこし残念なところもあります。自分のプレーもまだまだ改善できると思いますし、チームとしてももっと押し込んだ形で展開していきたい」

 グループステージ突破に満足せず、大会連覇に向け、その視界は広がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ