「右下蹴るね?」「金子君が蹴るの?」清水MF金子翔太が明かすPKの舞台裏。札幌MFとの駆け引きの内容は…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月11日

金子の強いメンタルにファンも称賛!

金子(写真右)がPK前に荒野(写真左)と交わした会話の内容を明かした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 清水エスパルスのMF金子翔太が8月10日に自身のツイッターを更新。8日に行なわれたJ1リーグ9節の北海道コンサドーレ札幌戦で、貴重な先制ゴールとなったPKの舞台裏を明かした。

 ホームに札幌を迎えた清水は、前半終了間際の45+4分にPKで先制。その後、一度は同点に追いつかれたものの、85分にヘナト・アウグストが勝ち越し弾、90+3分にカルリーニョス・ジュニオが追加点を挙げ、3-1の勝利を収めた。清水は今季2勝目、ここ4戦負け無しと好調をキープしている。

 この試合で先制点となるPKのキッカーを務めた金子だが、ボールをセットした際に札幌のMF荒野拓馬に話しかけられ、これに笑顔で対応。その後もボールを蹴るまでの間、ふたりで約1分程度話し込んでいた。
 
 PKのシーンについて金子は自身のツイッターで、「蹴る前に荒野選手になんて言われていたのか教えてください!と沢山の方からコメント頂きました」とファンから多くの質問が寄せられたとし、真相を明かした。

「『右下蹴るね?』『金子君が蹴るの?』『今年これ決めたら何点目?』と1分間程話をしてたと思います。笑 ちなみに荒野選手とは面識はありませんでしたが、ゴール後は『ナイスゴール』と言ってくれました」

 この投稿には、「面識ない中、大人の対応」「動揺しないメンタルの強さ!」「ささやき戦法に負けない見事なゴールでした」など、相手の揺さぶりにも臆せず、しっかりとゴールネットを揺らした金子の強いメンタリティを称賛するファンの声で溢れた。

 現在14位の清水は、12日にルヴァンカップを挟み、15日にアウェーでベガルタ仙台と第10節を戦う。まずは今季初の連勝を挙げ、浮上のきっかけを掴みたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第9節PHOTO】清水3-1札幌|1人少なくなった札幌を攻め立てた清水が、3発快勝で4戦負けなし!

【PHOTO】表記がタイ語に!?タイ向けプロモーションの一環で背面選手名がタイ語表記になった清水の選手を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ