13年ぶりの“横浜ダービー”は圧巻の攻撃力を見せつけたトリコロールが4発完勝!

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年07月22日

マルコス、遠藤、エジガルらがゴール!

完勝を収めた横浜の仲川(右)は、良質なクロスでM・ジュニオールのゴールをお膳立て。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第6節]横浜4-0横浜FC/7月22日/日産ス

 13年ぶりのJ1での“横浜ダービー”は、4-0でホームの横浜が完勝を収めた。

 横浜の布陣は4-3-3。GKは梶川、4バックは右から小池、伊藤、畠中、ティーラトン、中盤はアンカーに喜田、インサイドハーフにM・ジュニオール、仙頭、3トップは右から仲川、E・ジュニオ、遠藤。

 横浜FCの布陣は3-5-2。GKは南、3バックは右から星、田代、小林、両ワイドは右にマギーニョ、左に松尾、中盤はアンカーに佐藤、インサイドハーフに松浦、手塚、2トップは一美、斉藤光。

 12分、15分と斉藤光が惜しいシュートを放つなど、序盤にペースを掴んだのはアウェーの横浜FC。ハイプレスとピッチを幅広く使ったアタックが機能し、敵陣でのプレータイムを増やしていく。

 その後も横浜FCが優位に試合を進めていくが、先にスコアボードを動かしたのはホームの横浜。31分、左サイドからのM・ジュニオールの鋭いクロスが相手のオウンゴールを誘い、幸先良くリードを奪う。前半は横浜の1点リードで終える。

 後半はスタートから横浜が攻撃の強度を高め、圧力をかけながら、その流れのなかで追加点をゲット。56分、仲川のパスに、オフサイドラインぎりぎりで飛び出したM・ジュニオールが合わせてネットを揺らす。

 さらに65分には、水沼のクロスを遠藤がヘッドで叩き込み、72分にはその遠藤のお膳立てからE・ジュニオがチーム4点目を挙げる。

 試合はそのまま4-0で終了。トリコロールが圧倒的な攻撃力を見せつけてライバルを蹴散らした。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第6節PHOTO】横浜4-0横浜FC|13年ぶりの横浜ダービーは圧巻の攻撃力を見せつけたマリノスに軍配!
 

 
【関連記事】
【横浜F・マリノスの最新序列】3トップは各エリアにレギュラークラスを2人以上保有する激戦区!守護神が負傷離脱のGKは…
【横浜FCの最新序列】相性抜群の若き2トップ!俊輔、レアンドロ、松井らを擁す中盤は多士済々
【横浜】不用意なミスで鹿島相手に大量失点…苦境に立たされるJ1王者復活の鍵は“アスリートの要素”
【岩本輝雄】格上相手に堂々と渡り合った横浜FC。なかでも印象に残った選手は…
【横浜FC】往年のバッジョのように――42歳の中村俊輔が観る者すべてを魅了する

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ