「まるでメッシやマラドーナだ」現地識者が躍進アタランタの攻撃コンビを絶賛!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年07月21日

「組織的なメカニズムの中で完璧に機能している」

アタランタの攻撃を牽引するゴメス(右)とイリチッチ。(C) Getty Images

画像を見る

 2019-2020シーズンも佳境に差し掛かる中、『ワールドサッカーダイジェスト』の7月16日発売号では、恒例企画の「欧州4大リーグ ベストプレーヤー」を選出する鼎談を行なった。各リーグで「ベスト50」を選出し、ポジション別の部門賞とシーズンMVPを決める。
 
 セリエAは、現役監督のロベルト・ロッシ氏、6月までトリノでスタッフを務めていたアントニオ・フィンコ氏、現地ジャーナリストの片野道郎氏という3人が選者となり、熱い討論を交わした。
 
 その中の「セカンドトップ/ウイング/トップ下」部門では、今シーズンも大躍進するアタランタのアレハンドロ・ゴメスとヨシプ・イリチッチが好評価だった。
 
 ロッシ氏はこのように評している。
 
「アタランタのサッカーは基本的に、運動量とインテンシティーの高さに根ざしたフィジカルなスタイルだが、その中でパプ(ゴメスの愛称)とイリチッチのテクニックとファンタジアが大きなアクセントになっているね。

 パプは仕掛けと決定機創出のところで絶大な貢献を果たしている。チームのビッグチャンスのほとんどに、何らかの形でパプが関わっていると言ってもいいだろう。以前のイリチッチは気分屋ですごく好不調の波があったけど、(17年に入団した)アタランタで安定感が増した。今シーズンは過去に例がないくらいコンスタントに違いを作り出している」
 
 フィンコ氏は、アタランタがチャンピオンズ・リーグ(CL)で上位進出を狙えるとも感じているようだ。
 
「パプもイリチッチも、アタランタでこうして花開くまでのキャリアは紆余曲折だった。パプはセリエAからウクライナのメタリストに都落ちしたし、イリチッチもフィオレンティーナではムラが激しすぎてサポーターにブーイングを浴びていた。しかしアタランタでは全てが上手く噛み合い、2人ともタレントを存分に発揮しながら、チームの組織的なメカニズムの中で完璧に機能している。

 イリチッチはドリブルで何人にもかわし、50メートル級のロングシュートも決める。組み立てからフィニッシュまで攻撃の全局面に絡むパプは、まるでメッシやマラドーナだ。心からプレーを楽しんでいるのが、外から見ていても分かるよね。血迷っていると思われるかもしれないが、私はアタランタがチャンピオンズ・リーグでベスト4、下手するともっと先まで行きそうな気がしているよ」
 
 アタランタは、CLのベスト8でパリSGと対戦する。フィンコ氏が予想するように、フランス王者を倒して準決勝に進めるのか注目だ。
 
 ゴメス、イリチッチも選出された今シーズンのベスト50人、各部門賞、シーズンMVPなどは、『ワールドサッカーダイジェスト』の7月16日発売号で発表している。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】ゴメスやイリチッチが躍動!超攻撃的なアタランタのゴール集はこちら
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ