J1第5節の『DAZN週間スーパーセーブ』を紹介! ベストは仙台のルーキーが披露した決死のシュートストップ!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月21日

サッカーダイジェストがセレクターを担当!

J1第5節からスーパーセーブを厳選。ベストセーブに輝いたのは?(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは7月18日に第5節を開催。全9試合でドロー決着は1試合のみと、見ごたえのあるバトルばかりで、選手たちは過密日程の中でも闘志あふれるプレーで観客を沸かせた。

 今シーズン「DAZN」では毎節、有識者やメディアが選ぶスーパーセーブを紹介しているが、この5節のセレクターをサッカーダイジェストが担当。選りすぐった5つのシュートストップを、ベストセーブを含めて紹介する。

 1本目は、鳥栖の高丘陽平の好セーブ。名古屋に1点を先取されて迎えた81分に、前田直輝のグラウンダーのシュートを左手1本目で防いだ。DFの股を抜く、軌道の読みにくいショットを見事な反射神経で枠外にかきだしている。

 見事なセーブを連発し、札幌に勝点1をもたらした菅野孝憲のプレーからは、46分のシーンをチョイス。ペナルティーエリア手前中央からの、左足で内側に巻いたゴール左隅を狙ったシュートを、類まれな跳躍力で死守した。
 
 ゴール前での競り合いで突然コースが変化したボールに、超人的な反射神経で対応した大分の高木駿、試合終盤に広島のカウンターアタックからのフィニッシュを左手でストップし、同点弾を許さなかったC大阪のキム・ジンヒョンのプレーも秀逸だった。

 そして、数ある好プレーのなかでベストセーブに選んだのは、今季仙台でトップチーム昇格を果たしたルーキー、小畑裕馬の21分のプレーだ。札幌のFWドゥグラス・オリベイラとの1対1の場面で、抜群のタイミングの飛び出しを披露。強靭なフィジカルを持つブラジル人アタッカーに対して、怪我をも恐れず勇敢に身体を投げ出す、GKのお手本とも言えるセーブだっだ。

 次戦は明日22日に、前節から中3日でJ1第6節が行なわれる。連戦で選手らの疲労も溜まるなか、窮地を救うスーパーセーブは、フィールドプレーヤーの士気を高める特効薬にもなるはず。次戦も守護神たちの活躍から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】サッカーダイジェストが厳選! J1第5節の『DAZN週間スーパーセーブ』はこちら
【関連記事】
【J1ベストイレブン】MVPは圧巻のドリブルで観客を沸かせたFC東京の“重戦車”! 復帰戦2ゴール、川崎のエースも|5節
【岩本輝雄】格上相手に堂々と渡り合った横浜FC。なかでも印象に残った選手は…
【鹿島】大不振が嘘のような大量4ゴール! “ケチャドバ”をもたらしたザーゴ監督の起死回生の一手
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
あのブラジル人J戦士はいま【第1回】ビスマルク――「自分のような選手を助けてあげたかった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 完全保存版!
    5月25日発売
    祝! 浦和3度目V!
    日本クラブの
    ACL挑戦記
    アジアでの現在地を探る
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例の定番企画!
    5月18日発売
    2022-2023シーズンの
    BEST PLAYER
    候補者50人の中から
    リーグ別・部門別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ