なんと“ビエルサ通り”が誕生!悲願の昇格を叶えたリーズの“奇才”を街も祝福!「運命を変えてくれた…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月19日

一時は3部に低迷

18年夏の就任以来、リーズを勝てるチームに変貌させたのが、このビエルサだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 北英が沸いている。

 現地時間7月17日に開催されたチャンピオンシップ(イングランド2部)第45節で、2位のWBAがハダーズフィールドに1-2と敗戦。この結果、首位のリーズ・ユナイテッドが約16年ぶりのプレミアリーグ昇格を決めた。

 2000年代後半に深刻な財政難に陥ったリーズは、2007年に破産申請すると同年に3部まで降格。2010年にはチャンピオンシップまで上がるも、プレミリーグの昇格争いにも絡めない時期が続いた。

 そんな古豪を文字通り“激変”させたのは、18年の夏に招聘されたアルゼンチン人監督のマルセロ・ビエルサだった。

 就任1年目からこの“奇才”に魅力的な攻撃サッカーを植え付けられたチームは、迎えた今シーズン、開幕から怒涛の快進撃を披露。リーグ中断後も7戦5勝1分け1敗と勢いは衰えず、プレミアリーグへのカムバックを決めた。

 待ちに待った16年ぶりの昇格を叶えた指揮官への感謝を、街はさっそく形に表わした。現地時間7月18日に地元紙『Leeds Live』が伝えたところによれば、プレミア行きが決定した翌日に、ある通りの名前が「マルセロ・ビエルサ通り」に正式変更されたという。
 
 この企画を推奨したリーズ市の責任者デイビッド・マディソン氏は、『Leeds Live』の取材に対して、指揮官への想いを口にしている。

「昇格は間違いなく街にとっても素晴らしい瞬間であり、彼らがプレミアリーグに行けることを本当に嬉しく思う。そして、ビエルサがチームや街の運命を変えたこと、それを成し遂げるための方法、かかった時間、全てが称賛に値する。だからこそ、我々は『マルセロ・ビエルサ通り』を誕生させたんだ」

「たかが昇格で……」という見方もできるだろう。だが、一時は存続の危機に瀕していたリーズと、そんなクラブを愛してやまない街の人々からすれば、何よりも重要な出来事なのだ。マディソン氏は、こう続けている。

「通りの名前を変更することに迷いはなかった。それにファンや街の人々にとっても、ビエルサがいかに凄い業績を残したかを永遠に覚えておけるだろう?」

 サッカー界屈指のカリスマ指揮官がやってのけた業績は、北英の街で“永遠”となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「全裸で横たわっていた…」愛弟子たちが告白した奇才・ビエルサの独特すぎる“クセ”とは?
リーズの“革命家”ビエルサ、練習施設に自分専用の寝室と台所を設置! その理由がユニークすぎる
リーズ・ファンが作った名曲のアレンジソングが話題に! その名も「ビエルサ・ラプソディー」
降格決定で久保建英の去就はどうなる? ベティスも有力候補のひとつか
「クボ側に5億円以上を要求された」バルサ関係者が久保建英の再獲得を断念した理由を明かす!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ