【松本】田中隼磨を直撃!!「J1に上がってからなにができるか。これからが本当の勝負」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月19日

「ずっとチームメイトと一緒にいるので雰囲気はすごく良い」

昨季は負傷を抱えながらもチームを牽引し、J1昇格に導いた。今季も田中の闘争心溢れるプレーが松本のエンジンになりそうだ。写真:菅原達郎(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月19日、都内で「2015Jリーグプレスカンファレンス」が開催され、J1・J2・J3クラブの監督と選手代表が集い、新シーズン開幕に向けて抱負を語った。
 
 そのなかで本誌は、松本の精神的支柱である田中隼磨を直撃。J1初挑戦となるチームを力強く牽引する決意を語ったショートインタビューをお届けしよう。
 
【J1・J2プレシーズン情報】トレーニングマッチ、PSMの日程を総まとめ
――◆――◆――
 
――開幕戦の相手は、古巣の名古屋ですね。田中選手にとっては、念願の対戦が開幕で叶いましたね。
 
「念願というか、やっぱり名古屋を離れることになって、いろんな感情がありましたけど、そういうのは内に秘めて戦いたいと思います。ただ、公式戦のピッチで試合をするのは初めてだし、すごく楽しみですよ。永井や(田口)泰士も成長しているだろうから」
 
――昨季痛めていた膝の状態はいかがですか?
 
「もうだいぶ良くなりました。昇格が決まった次の日からリハビリを開始していたので、徐々に良くはなってきていましたし、練習はもちろん試合もやっています。なんの問題もなくプレーできていますよ」
 
――故郷である松本のチームでプレーできたことは、田中選手にとってどんな意味がありましたか?
 
「やっぱり自分が生まれ育った街のチームでサッカーができるのは幸せだし、ましてや、目標を達成できたことは非常に嬉しいですけど、ただ本当の勝負はここからだと思う。J1に上がるだけで地元が盛り上がったり、満足したりというだけでなく、そこからなにができるか。松本の本当の勝負はこれからだと強く思っているので、そういったところで少しでも貢献したいですね」
 
――J1という舞台で重要になるポイントは?
 
「たくさんありすぎて……。僕たちみたいなクラブは特にたくさんあります。ただ、今は松本で練習ができず3次キャンプ中なんですが、結束力という面では、宿舎でも練習でもずっとチームメイトと一緒にいるので、雰囲気はすごく良いですよ」
 
――開幕に向けて、今季はより昨季のサッカーの質を高めていくことがテーマのひとつになるのでしょうか?
 
「もちろん、それも必要でしょうね。ただ、メンバーも変わりますし、単純に昨年までと同じことをしていたらダメでしょう。自分たちのスタイルやタフでクリーンなサッカー、最後まで諦めないサッカーという基礎は変わらないので、そういう部分はしっかりと貫きながらも、すべてにおいて精度をさらに上げていきたいです」
【関連記事】
【Jリーグ】安全なスポーツ環境の啓発へ、「AED普及マッチ」横浜対松本でイベントを開催
【松本】下地作りの1次キャンプ締めくくりの練習試合で浜松開誠館に5-0で勝利
【松本】山雅スタイルで「日本のトップ15入り」に挑戦
【名古屋】個と組織の融合、若手の台頭。さらなる「プラスα」を
【J1・18クラブの移籍動向】清水が巻き返しへの切り札を獲得

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ