【柏レイソルの最新序列】超ハイレベルな日韓代表GKの定位置争い!中盤も主軸2名の離脱で大混戦

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2020年07月10日

クリスティアーノが筋肉系の故障でベンチ外が続く

柏の最新序列。
②=2種登録 ㊕=特別指定選手

画像を見る

 2月の開幕から、コロナ禍での約4か月の中断期間を経てJ1リーグも7月4日から再開された。“第2の開幕”とも言える、第2節、3節の2試合を終え、チーム内でも変化が生じている。スタメン争いの構図や今後の台頭が予想される若手などを踏まえ、柏の最新チーム内序列を紹介していく。
 
―――◆――◆―――
 
【FW】
 前線でターゲットになれるオルンガとチャンスを創出する江坂任、昨年からコンビを組むこの二人の地位は揺るぎない。ただ、ネルシーニョ監督が準備期間中にオプションとして用意した3バックシステムの場合は、江坂をトップ下に置き、呉屋大翔とオルンガが2トップを組むことで三者の共存が可能となった。呉屋はキャンプの時点で「今年はゴール前で違いを出せる選手がいる」と指揮官の評価が高く、今季初スタメンに抜擢された3節の横浜FC戦では移籍後初得点を決めてレギュラー獲りへのアピールを見せた。

【MF】
 クリスティアーノが筋肉系の故障のため再開後はメンバー外が続き、三原雅俊もまた負傷で再開後は2試合とも欠場中だ。序列の一番手にいた二人の離脱によってMFのポジション争いは大混戦。大谷秀和、瀬川祐輔という計算できる二人に加え、2列目は神谷優太が途中出場ながら開幕から3試合連続出場を果たし、仲間隼斗を含めて試合の流れを変える存在として早くも指揮官の信頼を勝ち取った。

 また、戸嶋祥郎もスタメン争いに名乗りを上げている。出場停止の多いヒシャルジソン、35歳と年齢が気になる大谷、そして三原の怪我が長引くようであれば、戸嶋がスタメンの座を奪取する可能性は十分に考えられる。

【DF】
 神戸時代から監督に師事する高橋峻希、昨年ネルシーニョ監督の下でブレイクを果たした古賀太陽、両SBは戦術理解を含めて間違いなく序列の一番手に来る。北爪健吾と三丸拡はともにハードワーカーのため、タイトな日程の中では必ず抜擢されるだろうが、チームにアジャストするという点では、もう少し時間が必要か。

 CBでは染谷悠太と鎌田次郎のコンビがベースになる。しかし彼らはともにベテランと呼べる年齢に差し掛かっており、連戦では山下達也、高橋祐治の併用が予想される。

【GK】
 現時点ではキム・スンギュが正GKの座を射止め、中村航輔がサブという立ち位置だが、中村がケガから戦列復帰を果たしたのが6月だった。中村の調子が上がれば、最終ラインとの連係では一日の長があるだけに有利との見方もできる。とにかく日韓代表GK同士のポジション争いはハイレベルで、どちらが正GKになってもおかしくはない。

 ただし、2月には中村に続き、開幕戦で腰を痛めたキム・スンギュも一時的にだが戦列を離れた。経験豊富な桐畑和繁、成長著しい若手GKの滝本晴彦もいつ出番が来てもいいように、日々怠らず準備を続けている。

文●鈴木 潤(フリージャーナリスト)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ