「ミナミノとオリギは助けになっていない」元イングランド代表FWが南野拓実のクオリティーに疑問符?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月08日

「途中出場でゴールを決めれば、満足しているように見える」 

フィルミーノのバックアッパーとして期待されているオリギ(27番)と南野(奥)。(C)Getty Images

画像を見る

 30年ぶりのトップリーグ制覇を果たしたリバプールは現地時間7月5日、プレミア第33節でアストン・ビラと対戦。2-0で勝利を収めた。

 この試合では、ディポック・オリギが3トップの中央で起用されたが、いい形でフィニッシュに持ち込めず、60分にCFのレギュラーであるロベルト・フィルミーノと交代。リバプールが2ゴールを挙げたのは、その後だった。

 このベルギー代表FWのパフォーマンスに苦言を呈したのが、元イングランド代表FWのイアン・ライトだ。1月に加入した南野拓実とともに、強力3トップのバックアッパーのクオリティーに疑問符を投げかけている。

 英紙『Metro』の取材に応じたライトは、「この試合は、モハメド・サラー、フィルミーノ、サディオ・マネの3トップが素晴らしいことを証明しただけだ。特にフィルミーノの代役といわれるオリギやミナミノのについては今日までの様子を見て、心配している」と語った。

「ふたりとも、(3トップの)バックアッパーとして不十分だと思う。今のリバプールにおいて、助けになっていない。言われているような、フィルミーノの代役を果たせているかというとノーだ。特にオリギは『フィルミーノのバックアッパー』に慣れすぎているんじゃないか? ベンチからスタートして、途中出場でゴールを決めれば、それで満足しているように見える」 

 また、南野については「彼もまだチームを助けているわけではない」とし、「代わりとしての結果を残していない」と手厳しかった。

 そのアストン・ビラ戦では、リーグ再開後初めて出番を与えられなかった南野。8日のブライトン戦で、この評価を覆すような活躍ができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ