主審が贔屓? S・ラモスの“踏みつけプレー”にビルバオ主将は嘆き「マドリーは見直される…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月06日

周囲の喧騒にS・ラモス本人は?

自らのPK弾でマドリーを勝利に導いたS・ラモスが非難の的となっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 スペインの巨星レアル・マドリーに対するレフェリングが物議を醸している。

 現地時間7月5日に開催されたラ・リーガ第34節で、アスレティック・ビルバオと対戦したマドリーは、73分にマルセロが倒され、VAR判定の末に獲得したPKをセルヒオ・ラモスが決めて1-0で勝利。破竹の7連勝でリーグタイトルに向け一歩前進した。

 だが、試合後に地元メディアでフォーカスされたのは、マドリーに対するジャッジだった。76分にはビルバオのラウール・ガルシアがエリア内でS・ラモスに足を踏まれて倒れたものの、PKの判定は下されず。この時、マドリーのPKのシーンのようにVARによる再チェックもされなかった。

 リプレー映像でも明らかに、R・ガルシアの足を踏みつけていたように見えたシーンだっただけに、ビルバオの選手たちはやりきれない。試合後、スペイン・メディア『Movistar』の取材に応じた主将のイケル・ムニアインは、こう嘆いている。

「僕たちはジャッジがどういった傾向にあるのかは確認できている。どんなチームにPKが与えられるか、をね。まぁそれぞれで結論を出せばいいよ。ラウールは確かにラモスに足を踏まれたと言っていた。そこにある違いは、マドリーはPKの場面が見直され、僕らはされなかったってことだけだ」
 
 一方で、物議の対象となったS・ラモスは、周囲の喧騒を気にする素振りは見せなかった。『Movistar』のフラッシュインタビューで、こう語っている。

「何もないよ。彼を後ろから踏んでしまったが、でも僕は彼のことが見えていなかったし、決定的な場面というわけじゃない。プレーにボールが絡んでいるわけでもなく、重大なことじゃないよ」

 さらにS・ラモスは、全てのレフェリーがマドリー贔屓だという批判に、「ジャッジによってリーグタイトルを獲得するなんてことはありえない」と反論。そのうえで、「レフェリーたちは時に正しくて、時に間違っている。彼らがあらかじめ何かを決めているとは思えない」と強調した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ